FX用語である「ボラティリティ」を解説

この記事ではFX用語である「ボラティリティ」を解説していきます。

FX用語についての知識を深めたいと考えている方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

ボラティリティとは?

ボラティリティとは、変動の幅や速さを示す用語です。為替相場だけでなく、株価等にも用いられる用語です。ボラティリティーとも言われ、英語のVolatilityを語源としています。

解かりやすく説明すると、波に例えられます。チャートを見て上下の変動幅が大きかったり傾きが急であると、ボラティリティが高いと言われます。

 

逆に最近の値動きは穏やかだねと言われる場合は、ボラティリティが低いと言うことが出来ます。通常、ボラティリティが低い局面ではリスクオンが許されますが、高い局面ではリスクオフが推奨されます。

外国為替証拠金取引の世界では、ごく普通に使われる言葉であり、知っておくべき基本用語だと言っても差し支えないでしょう。

FX初心者向け!円安と円高の違いとは?

2019年5月15日

 

ボラティリティが高くなる相場局面

ボラティリティが高くなる相場局面は、ずばり世界情勢に危機があった場合です。例えば、イラク戦争開始とか911テロ勃発とかリーマンショック等です。

後、アメリカの指標発表で市場予想と大きく違う場合等も為替が大きく変動するため、同様の値動きを示します。

 

極稀にではありますが、日本の年末年始やゴールデンウイーク等の長期休暇の際にボラティリティが高くなるケースも見られます。

これは、作為的な局面です。こういう相場局面の特徴は、原則として同一方向への売買が大量に出るケースです。

 

世界経済が混乱の方向に向かうとボラティリティが高くなる相場局面と言えます。ちなみに、ディトレーダーは、ボラティリティが高くなる相場局面を好みます。

FXトレードの手法「ナンピン」を徹底解説

2018年12月24日

 

ボラティリティの危険性

ボラティリティが高くなる局面では、ロスカットの危険性も高まります。予想したとおりの値動きでしたら、何も問題ありませんが、逆方向に動くとすぐにロスカットになってしまいます。

リアルタイムでチェックしていて追証出来るケースなら問題ないですが、仕事中や就寝中ですと大幅な損失に繋がります。

 

損切りを明確なラインで設定していれば、問題ないですが、特に外国為替証拠金取引ビギナーでは、そうでないケースが多いです。

外国為替証拠金取引会社のデモ画面で色々と経験していれば別ですが、リアルの取引で口座残高が半分になる恐怖のロスカットを経験しないようにボラティリティに着目する必要があります。

 

ボラティリティの危険性に注意を払いながら、外国為替証拠金取引の取引を行うことは非常に重要です。

FX大学はいわばトレーダー大学

2018年11月24日

 

ボラティリティの活用方法

一般的なボラティリティの活用方法は、ずばり証拠金率を上手に調整し、ロスカットを防ぐことです。ボラティリティが低い局面では、証拠金率を下げてリスクオンの取引が可能です。

投資資金を名一杯上手に運用するのは、収益増に大きく貢献します。ボラティリティが高くなっている相場だと、些細な事でも更に大きく相場が変わる事も多いです。

 

このような神経質な局面だと、外国為替証拠金取引トレーダーとして貼り付けないのであれば、ポジションを全て解消したり、証拠金率を大幅に上げておく事を推奨します。

逆に、デイトレーダー派は、ボラティリティの高くなる局面を待ち望んでいます。一攫千金のチャンスであり、リスクオフではなく、リスクオンで勝負するのがセオリーと言われています。

FXと仮想通貨の違いを徹底解説

2018年11月17日

 

まとめ

FX用語である「ボラティリティ」を解説しましたが、いかがでしたか?

ボラティリティとは、変動の幅や速さを示す用語です。外国為替証拠金取引の世界では普通に使われる言葉で、「ボラティリティが高い」、「ボラティリティが低い」などという使い方をします。

 

コメントを残す