FXと仮想通貨の違いを徹底解説

この記事ではFXと仮想通貨の違いを徹底解説しています。

近年、仮想通貨が急激に伸びては暴落しての繰り返しとなっています。その中で短期投資で稼いでいくためにはこの2つの違いを深く理解することが重要です。

この記事を最後まで読んでその知見を手に入れてください。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資金から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学代表の新井のLINE@を追加ください。

FX大学の詳細はLINE@にて配信中 ▶︎

 

FXと仮想通貨を経験することが重要

仮想通貨は、ギャンブル的要素が強いため、宝くじ感覚で一獲千金のロマンを追いたい方、テクノロジーの最先端を常に体験したいという方にオススメです。

FXは、真剣にトレーダーとして成長したい方、各国の情勢に興味がある方にオススメです。

国の状況に合わせて変動する値動きは、人の感情の動きのようで面白いと感じる人もいます。

 

FXに触れ続けることにより、自然に各国の文化に関する知識も蓄えられることでしょう。

おすすめは仮想通貨とFXの両方を経験しておくことです。

FXと仮想通貨の違いについて解説していきます。

 

仮想通貨とは?

仮想通貨とは実物のないデータで作られたお金です。

仮想通貨は、インターネットにつながっている端末上で使用することができます。

 

国が発行している通貨ではないので、ネット上で国境関係なく使用することができます。

有名なものではビットコインやイーサリアム、リップルといったものがあります。

 

FXとは?

FXとは2つの国の通貨を交換(売買)し、その差額で利益または損失を出す取引方法です。

少額のお金をFX口座に入金し、そのお金を元手に取引が行える仕組みで、この元手のことを「証拠金」と言います。

元手となっている証拠金をもとに実際に所有している金額以上の取引や所有していない通貨同士の交換を行うこともできます。

 

例えば1万円を元手にして25万円分の取引を行ったり、円をドルへ、ドルからユーロへと交換したりすることができます。

【厳選5選】初心者におすすめな国内証券口座

2018年9月1日

 

仮想通貨とFXの共通点とは

円やドルなどの国が発行している法定通貨の価格は、日々変動していますが、それと同様、仮想通貨も変動しています。

そのため、タイミングによっては法定通貨と仮想通貨の交換(売買)により、その差額で利益または損失が生じます。

また、仮想通貨同士でも交換することが可能です。

 

仮想通貨とFXとの違いとは

仮想通貨とFXは価格差で損益を出すという共通点があります。

それぞれの違いはどのような部分にあるのでしょうか。

それは投資タイプで違いがわかります。

 

投資には

  • 「現物取引」
  • 「証拠金取引」
  • 「先物取引」

の3つのタイプがあります。

 

「現物取引」とは、実際に物の売買を行いその差額で損益を出します。

「証拠金取引」とはFX取引を行うための元手(証拠金)による取引を行い、それにより生じた損益(差額)のみを受け渡す方法をいいます。

 

「先物取引」とは将来の売買の約束をし、現在の価格と将来の価格との差で損益を出す方法をいいます。

 

  • FX:証拠金取引のみ
  • 仮想通貨:現物取引、証拠金取引、先物取引のいずれも取引が可能

 

現物取引では安い時に買って高い時に売ることでしか利益を上げることが出来ません。

証拠金取引と先物取引では買いでも売りでも取引を始めることができ、価格の上限変動があっても利益を狙うことが可能です。

 

唯一の共通点としては「レバレッジ」という仕組みがあり、手元にあるお金の最大25倍までの金額で取引を行うことができます。

それぞれの違いを表にまとめてみました。

 

仮想通貨

(ビットコイン)

FX

(ドル/円)

取引時間 24時間365日 24時間 平日のみ
必要資金 72万円/1BTC ※ 113円/1ドル ※
価格変動リスク 大きい/不安定 安定
変動要因 不確定 経済指標

政策金利など

※平成30年11月12日現在の換算率による

 

初心者でも理解できる「FXとは?」

2018年8月17日

 

まとめ

いかがでしたか。

仮想通貨は不安定な価格変動があるとはいえ、大きな価格変動が魅力の投資先でもあります。

その価値が安定していないという理由から価格の乱高下を繰り返すハイリスクハイリターンな状態にあります。

 

日本では

  • 仮想通貨について~法的な整備があまり進んでいない
  • FX~法的な整備が進み、投資家の資産を守る法律もある

 

法的な整備から見ると仮想通貨よりもFXの方が比較的安全な取引もできます。

どちらにしても基礎的な知識を十分に固めたうえで、まずはFXによる少額での取引から始めることをおすすめします。

コメントを残す