FXトレードの時間帯別の攻略法を解説

この記事ではFXトレードの時間帯別の攻略法を解説していきます。

トレードに参加できる時間が決まっている方や、注意すべき時間帯が知りたいという方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

FXは24時間取引が可能

FXの取引可能時間は24時間なので、とても自由度の高いトレードが実現します。

何時でもトレードに対応していますから、昼間働いている人であっても、休憩などのスキマ時間を使って取引できます。

 

また、デイトレーダーにとっても自由度の高さが魅力になるので、やはり24時間対応のFXは見逃せない投資方法だといえます。

勿論、株と違い締め切りがありませんから、自分でメリハリのあるトレードを心掛けることが必要です。

 

生活リズムをベースとして、取引に取り組む時間を決めておけば、リズムを保ちながら自分らしいトレードに挑戦できるでしょう。

休む暇がないと考えると辛いものですが、好きな時に市場をチェックしたり取引できると思えば、メリットが大きく上回るはずです。

FX初心者がゼロからやるべき3つのコト

2019年7月6日

 

東京時間の値動き

日本時間の9時~15時の間は、FXにおいて東京時間と呼ばれています。東京時間は一般的に値動きがおとなしく、激しい変化は起こりにくいのが特徴です。

ただ、おとなしめの値動きがやや長く続く傾向なので、その点を念頭にトレードに臨むのが良いでしょう。

 

動き始めは前日のパターンが続くことも少なくないですから、どのような動きだったか確認しておくことも大切です。

更に、その日1日の値動きを占うものにもなるので、東京時間における市場のチェックは必要不可欠です。

 

この時間帯は株式市場も開いていますから、こちらにも目を向けたり、経済的な関係性やFX市場への影響も分析したいところです。

東京時間内の予測ができれば、他の時間帯も読める可能性が高まります。

初心者がFXを難しいと感じる4大原因を解明

2019年7月5日

 

ロンドン時間の値動き

ロンドン時間は日本時間の16時~24時頃までで、東京時間の後に続きます。東京時間よりもやや時間が長いですから、その違いを理解しておく必要があるでしょう。

加えて、ロンドン時間の後半にはニューヨーク時間も始まるので、ここもまた東京時間とは大きくことなります。

 

ロンドン時間の特徴は、東京時間内の値動きに反することが多く、割と逆方向にシフトするケースが少なくないです。

当然ながら、同じ方向に値動きを続けることもありますが、順当にいかないことも珍しくないのがロンドン時間です。

 

それも動く場合は大きく値動きしますから、振り幅が大きいともいえるでしょう。

株式市場のクローズ間近の時間帯は、殆ど値が動かなくなるか、トレンドと逆方向に動くどちらかになりがちです。

初心者でも丸わかり!FXの勉強方法を解説

2019年6月26日

 

ニューヨーク時間の値動き

日本時間22時~翌6時のニューヨーク時間は、どのような値動きを見せてもおかしくない時間帯です。

アメリカの経済が動き出す時間帯ですから、様々な思惑によって思わぬ値動きをしたりします。

 

変化の幅は時にロンドン時間以上ですし、予測が難しい展開に突入することもしばしばです。

22時~23時の間は特に大きな変化を見せやすく、日本の取引が落ち着く3時~4時も要注意の時間帯となります。

 

前場と後場で異なる値動きしやすいのは当然ですが、昼食時もまた違った変化をすることがあります。

このように東京とロンドン、そしてニューヨークで値動きに変化がつきますから、FXに挑戦する際は時間帯を意識しましょう。

 

ニューヨーク時間はトレードに参加する人が増える時間帯なので、何時何を切っ掛けに値動きを始めてもおかしくないです。

専業トレーダーは絶対NGな3つ理由

2019年6月22日

 

まとめ

FXトレードの時間帯別の攻略法を解説しましたが、いかがでしたか?

激しい変化が起きにくい東京時間は初心者でも割と安心して取引できます。逆に予測が難しいニューヨーク時間は注意が必要です。ロンドン時間は東京時間の値動きを把握していると予測を立てやすいです。

 

コメントを残す