FXの確定申告の必要性と徴収方法

FXトレードによって利益を受けると、受けた利益額に対する税額を計算し、確定申告によって税金を納めなければなりません。

FX業者によっては、トレーダーに代わって徴収納税してくれるところもあります。

ここではFXの確定申告の必要性と徴収方法について解説していきます。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

FXの確定申告の必要性について

会社員が副業をした場合には年間20万以上については確定申告する必要性がでてきます。

また、主婦の方や無職の方などについては38万というラインになります。

いずれにせよ、年間でしっかりと利益を出している人に関しては確定申告する必要があります。

 

また、他の副業などをされている場合にはそれも含めて必要になります。

経費等がかかっている場合はそれを加味して申告する必要があります。

例えば、FXの場合だとセミナーに参加したとかPCを購入した、教材を購入したなどが挙げられるでしょう。

毎年3月に確定申告が必要ということを忘れずに覚えておきましょう。

FXトレード手法の王道3パターンを解説

2019年4月26日

 

利益の徴収方法

その税額の徴収方法は

  1. 利益額の保持期間(1月1日から12月31日)に応じて税金の徴収額を計算する方法
  2. 決済するときに一括で徴収する方法

以上の2通りあります。

 

FX業者によっては、税額を徴収するシステムを導入していないこともあります。

要点を掴んでいただくために事例を採り上げます。

 

例えば、給与所得のある方がFXトレードで年間10万円の利益を出して、それが3年間続いたという場合、上記の1.では、1月1日から12月31日までの期間中に所得とみなされるのは10万円ですが、給与所得以外の所得額が年間で20万円以内であれば税額負担はありません。

年ごとに計算すると、税額負担はゼロになります。

 

上記2.の場合は、口座へ預けておくだけなら税額負担はありませんが、3年間で30万円の利益を得ているため、口座から引き出し(決済)したときに、1年間で30万円の所得があったとみなされ、税金を一括徴収されます。

FXトレードによって獲得した利益はまとめて決済するよりは年度ごとに税額の徴収を受けたほうが何かとメリットがあるということになりますが、どちらが本当にメリットがあるのかを考えて使い分けるとよいでしょう。

投資の基本である複利運用の基礎と2大メリット

2019年3月12日

 

まとめ

初心者の方は最初税金に関して戸惑うかもしれませんが、慣れてしまうと経費にできるものや申告する必要があるときなどわかってきます。

いずれにせよ、利益が出ている段階では必ず確定申告を行うことを忘れないようにしましょう。

また、法人で取引している人は決算のときでの対処法など違いますので顧問税理士等に聞くのがベストでしょう。

コメントを残す