【貯金事情】あなたは何%貯金していますか?

他の方の貯金事情と貯金わりを把握する事が、自分の状態と比較しやすく参考になります。貯金割合の給与と比較をした際の目安は、自分の世帯構成や生活スタイルで異なるのが特徴です。

年代と家族構成で貯金のしやすさが異なり、20代で世帯主が単身の場合が貯金しやすい傾向があります。40代以降は全体的に貯蓄割合が低下する傾向があるので、貯めやすい時期に検討するのが大事です。

平均的な貯金割合は収入の2割程度になります。都市部で志鳥暮らしをする方は家賃の負担が大きいので一割程度が多いですが、できるだけ高くした方が安心です。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

結婚して共働きの場合の貯金率

結婚をして共働きの場合は3割から4割程度を貯蓄するのが理想的で、専業主婦の場合は2割から3割程度を目指します。子供がいない期間に収入の3割から4割程度をする事で、その後の生活が楽になる可能性があるのです。

子育てをしている期間は全体の1割から2割を目安にするようにします。大切なのは世代や家族構成ごとの貯金事情を把握し、自分の状況の参考にして計画を立てる事です。

 

ボーナスが支給される場合は、ボーナスからも貯金にまわすようにします。子育てをする機関に1割程度は続けていると、40代以降の教育費などの支出が多い時期に役立つのです。

60代になると定年などの時期になり貯金割合が1割を下回る可能性が高いので、現役で働いている時期に貯金事情を把握して老後の生活に準備をするようにします。20代で単身の時から収入の一定の割合を貯金に回すようにすると安心です。

お金が貯まらない人の3つの習慣

2019年4月21日

 

平均的な貯金率

ライフステージにより貯金割合が異なりますが、平均的な割合である2割程度を基準にするようにします。都心で家賃がかかる方は、住居費を抑える工夫と共にできるだけ貯金をする習慣を身に着けるのが大事です。

一割程度は必ずするようにするとその後の生活が楽になる可能性があります。結婚して収入が多くなると、出来るだけ貯金の割合を増やす努力をするのがポイントです。共働きの間に3割から4割程度をまわすと、子供が出来た際に教育費などに役立ちます。

年代別の貯蓄額を徹底比較

2019年5月2日

 

20代の早いうちから貯金する

20代の早い段階から貯金事情を把握して出来るだけ貯金割合を確保する習慣を身に着けるのがポイントです。基準になる考え方は収入に対しても割合であり、自分が可能な金額を計画立てて毎月する事にあります。

ボーナスを貯金する事で毎月の貯金が少ない場合に補填になるのです。臨時収入を含めて収入から貯金わりを計算するようにします。

 

貯金事情は年代やライフスタイルそして地域により異なりますが、理想とする貯金割合は同じです。将来どのくらいをためるのが理想なのか、現在の自分の状態をもう一度みなすようにします。

60代以降は定年もしくは再雇用になるので、貯金があまりできないと考えた方が良いです。現役で働ける間に出来るだけ準備をするように検討するのがこつです。金額も大切ですがこのくらいの割合を貯金しているかが大切にこの問題の大切な部分になります。

確実に「貯金100万円」を貯める方法

2019年5月6日

 

コメントを残す