貯蓄は手取りの何%がベストなのか?

近年、副業ブームになり、多くの方が様々な方法で貯蓄をし始めています。

ここでは、貯蓄の手取りは何%がベストなのかご紹介します。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

理想は10%前後

将来のために、毎月貯蓄をしている人は多いでしょう。貯蓄には毎月の手取り収入の中から理想的な割合があり、一般的には20%と言われています。

しかし20%も手取りの中から貯蓄していると、生活費が足りないや趣味にお金を使えない人も少なくありません。ですが理想的な割合というのは、あくまでも目安にしか過ぎません。

 

手取り収入によって理想値も変わってきますから、毎月10%前後の貯蓄ができていれば良いとされています。

貯蓄をした結果現在の生活が困窮しては意味がありませんから、一般的な数値はあくまでも目安として考えましょう。

確実に「貯金100万円」を貯める方法

2019年5月6日

 

独身の人の場合

貯蓄の割合は、年齢や家族構成などによっても変わります。独身で一人暮らしをしている場合は、貯蓄割合の理想は10%から20%です。

家賃・光熱費・食費などの生活費は全て自分で負担するので、割合が下がってしまうのは仕方ありません。

 

独身でも実家暮らしの場合は、40%が理想とされています。実家に暮らしている家賃や光熱費などの生活費は基本的に負担する必要がないので、一人暮らしよりも目安は大きくなっています。

独身でも実家に暮らしている間はお金の貯め時ですから、経済的に余裕があるからと言って無駄遣いしないようにしましょう。

【貯金事情】あなたは何%貯金していますか?

2019年5月3日

 

家族がいる場合

家族がいる場合も独身のときと同じように、年齢や家族構成で異なります。夫婦二人の場合は共働きなら30%から40%程度、専業主婦世帯では20%が理想の数値です。

子どもが生まれて子育て期になると、貯蓄割合は年々下がっていきます。成長するごとに教育費などは家計に重くのしかかっていき、大学に進学する頃がピークと言われているほどです。

 

子育て世帯では幼稚園までなら20%、中高生までは手取りの10%を貯蓄に回せれば良いでしょう。

子どもが生まれると家計を黒字にするのも大変なので、生まれる前に貯蓄しておくことが大切です。

主婦が実践!年間100万貯める4つの節約術

2019年5月28日

 

目標を持って取り組むことが大切

将来のために。若いときからお金を貯めておくことは重要です。しかし目標を持たずにお金を貯めていると、目的を見失い継続することはできません。

子どもの教育資金、マイホームの購入費、老後の生活費と人生では3回大きなお金を使う機会があるとされていますから、これらをライフスタイルに合わせて目標に据えると良いでしょう。

 

使う目標を定めてお金を貯めていればさまざまな計画も立てられるようになり、多少苦しくても無理なく続けられます。

貯蓄は惰性で続けるのではなく、明確な目標を持ち計画的に取り組むことが続けるためのコツです。

 

コメントを残す