FXですぐに上達する方法を4ステップで解説

こちらの記事では、FXですぐに上達する方法を4ステップで解説しています。

FXで上達するにはどうしたらよいでしょう。そのためにはこの4つのステップを順に踏みんでいくことが近道となります。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

1ステップ:練習をフェーズごとに区切る

FXを練習する時にはフェーズごとに区切ることがポイントで、一度にまとめて全てのことをこなすのではなく、丁寧に区切りながら練習していきます。ありがちなことは学んだことを全て同時に行うので、身につきにくいのですが一つ一つ進めていくことで誰でも身に付けることができます。

例えばインジケーターのシグナルを学んだ時には、それを中心にインプットしていき、ラインの引き方を学んだ時はラインの引き方を繰り返し練習するようなスタイルです。全てを学んだ時にそれらを総合して、勝利を目指すトレーダーになりますが基礎があやふやであれば、複合してトレードを行う時に間違った解釈になりがちです。

 

チャートを行う時は色々な要素が入り乱れている状態ですが、全てを分解すると基礎的なフェーズが組み合わさっているだけになります。したがって全てのフェーズを基礎的なところから理解していれば、応用をきかすことができます。

FXが会社員の副業に向いている3つの理由

2019年6月4日

 

2ステップ:量をこなす

FXを始める時はいち早くお金を稼ぎたいという気持ちから、結果を急ぎがちになります。しかしすぐにわからないことがあったり、お金を稼ぐまでに至らないということで挫折してしまうトレーダーも多くいます。

特にこの世界は誰もが勝ち組になるわけではなく、センスを磨き努力をしなければいけない人もいます。その方法として有効なのが量を練習するということで、これはかなり単純作業で時間もかかるので、結果を求めている人には退屈な作業になります。

 

どのような世界でも量を練習すると結果が出るというように、トレードも例外ではありません。量を練習することによって、様々な状況にも臨機応変に対応できるようになることも、大きなメリットの一つになります。

 

3ステップ:知識と実践を分けて考える

量をこなし知識が身についてきたら、次のステップへ実践へ進む準備をしていきます。実践をすることで今までインプットしてきた情報を、アウトプットへ切り替えることができます。

その結果で自分には何が足りないのかを分析し、必要な知識を身につけていくという繰り返しになります。これによりトレーダーが成長していきますし、負けたくないという思いから実践を十分に行わなければ勝つことができません。

 

どのようなトレーダーでも初めは皆失敗しているので、負けることを恐れないことも大切です。知識としてインプットされているものを使って、実際にアウトプットすると意外と何か違うとくところが見えてきます。

これを発見するために知識と、実践を分けて考えることが大切です。

 

4ステップ:繰り返し反復する

FXのイメージは勝てば大金を稼ぐことができるということで、トレーダーになりたいという人もたくさんいます。しかし意外とコツコツと地道に利益を積み上げていくことが、FXでの新しいビジネスモデルになります。

負けそうになっていても焦ることなくトレードの技術を実践していくかが鍵で、焦ればそれは負けになっています。FXの基礎知識を身につけ検証を踏まえた実践を行い、リアルトレードをしていく流れです。

 

そのあとは検証からリアルトレード、検証のスタイルで繰り返し反復していきます。FXはすぐに大金を稼ぐのではなく、こういった地道な日々の努力が身になり花が咲きます。

知識を身につけて実践するだけで、すぐに大金が手に入るのではないことを念頭に置きながら実践します。

株とFXの違いを3つ解説

2019年5月24日

 

まとめ

FXですぐに上達する方法を4ステップで解説してきました。

FXを始める時はいち早くお金を稼ぎたいという気持ちから結果を急ぎがちですが、この4つのステップを踏みコツコツと地道に利益を積み上げていくことが重要です。

コメントを残す