FX初心者が必ず押さえておきたい「証拠金維持率」を解説

FXをする上で投資金、すなわち証拠金が必要です。

そして、長く継続的に資産を増やしていくためにはその証拠金を適切に管理する必要があります。

ここでは、その証拠金の「維持率」についてご説明します。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

FXの「証拠金維持率」とは?

証拠金維持率というのは、時価評価総額に対する必要証拠金の割合を意味する言葉です。

FXでは、一定額以上の金額を担保として取引会社に預け入れることで取引を行う手法を多くの場合よくとります。

 

そして、その際の担保にあたるものが証拠金であり、このうち現状のポジションを維持するのに必要となる金額については必要証拠金と呼ばれます。

そんな必要証拠金の時価評価総額に対する割合を表した、つまり現状の余力を示した数字である維持率を見ると、今行っている取引における追加金の発生リスクやロスカットを引き起こすリスク状況をつぶさに把握することができます。

 

基本的にこの値が高いほどレバレッジが低いリスクの低い状態と言えて安全です。

FXで3つの「証拠金」の種類について具体的に解説

2019年7月11日

 

証拠金維持率の計算方法

証拠金維持率は、誰でも簡単に計算することができます。式で表すと、時価評価総額を必要証拠金で割ったものに100を賭けたものが証拠金維持率です。

なお、この時価評価総額というのは資産合計と評価損益の和から出金依頼額を引いたものが該当します。

 

つまり、たとえば口座に100万円入金し、1ドルが100円の時に10万通貨、日本円分で言う1000万円分を購入した買ったとします。

その際、FXのレバレッジは最大25万円なので、10万通貨を持つのに必要な証拠金は40万円です。これは、1000万円を25で割ればすぐに算出できる数字です。

 

この数字を踏まえて証拠金維持率を計算すると、100万円を40万円で割った数字に100をかけた250%ということになります。

FXで高い確率で利益を上げ続けるための3ステップ

2019年7月11日

 

FXの証拠金維持率の理想ライン

そんな証拠金維持率は高いほどレバレッジの低いリスクの低い状態になるので、取引としての安全度は増します。

しかし、あまりにもリスクの低い数字を追い求めていても大きな利益をあげることはできません。そのため、一般的な安全圏の目安としてよくあげられる証拠金維持率の数字は500%と言われています。

 

それでも物足りないレバレッジをきかせたいという人でも200から400%以上を維持するのが理想です。

ただし、証拠金がそもそも少なかったりレバレッジが高い取引を行っている場合、わずかな動きでこの数字が大きく変動してしまう点には注意が必要です。

 

つまり、維持率の数字だけでその取引の全体像を判断できないということを念頭に置いたうえで数字を活用するようにしてください。

FX自動売買システムの4つの種類を徹底解説

2019年7月8日

 

証拠金維持率とロスカットの関連性

基本的にFXの取引はタイミングよく売買できれば大きな利益を得られます。一方で取引に失敗すれば多大なる損失を出す可能性も同じように存在します。

そのため、大きなリスクを出してしまうリスクを回避するためには証拠金維持率の変化に合わせて上手に取引を行い続けることが理想です。

 

そしてそのような資産割れを回避することを目的に多くのFXの取引所には、ロスカットというシステムが用意されています。

これは、証拠金維持率がある値より小さくなったら保有しているすべてのポジションを自動的に決済し成行注文を発注する、というものです。

 

つまり、ロスカットは最後の砦とも言える存在です。可能な限りロスカットされないよう証拠金維持率を一定値以上に保った取引を心掛けるようにしましょう。

 

コメントを残す