初心者でも理解できる「ロスカット」について

FXにはロスカットという仕組みがあります。

ここでは、そのロスカットについてご説明します。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

ロスカットとは?

ロスカットとは、投資家が元本となるお金以上の損失を被ってしまうことを防ぐために、指定したポジションを下回った場合に強制的に売却することを意味しています。

例えば、通常の現物購入の株式売買であれば、元本よりもマイナスになってしまうことはありませんが、FXなどの先物取引や信用取引の場合は下がった割合だけマイナスになってしまうのです。

 

そのため、事前にロスカットを指定しておくことで想定外の損失を膨らませないようにする必要があります。

ロスカットを行わずにそのまま取引を継続してしまうと、最悪の場合は借金を背負ってしまう可能性があるのです。初心者の方はなるべくロスカットを指定することで損失のリスクを回避させましょう。

FXの基本であるロスカットとは?

2019年5月20日

 

FX会社によって違ってくる

FX会社によっては何パーセントで強制ロスカットが行われているかは大きく異なります。一般的に証拠金維持率が40パーセントから100パーセントを下回った場合に、強制的に売却されることが多いです。

これから始める場合は、強制ロスカットが厳しく行われているFX会社を積極的に利用していったほうが良いでしょう。

 

大きな損失を軽減するためにも、厳しい強制指定をしているFX会社を利用して、ロスカット指定をし忘れた際のリスクに備えます。

ただし、FX会社が指定したロスカットによって強制的に決済されてしまう状況は、投資の素質が無いと言っても過言ではありません。適切な管理と運用ができるように、相場をきちんと確認しておきましょう。

FXで借金に陥る4つのパターンとは?

2019年6月5日

 

 

大きな取引は避けるべき

FXでは、元本になる金額よりも更に高額な利益を手に入れることができる反面、一方的に大きな損失を被ってしまうリスクもあります。

そのため、初心者の方は相場になれるためにも最初のうちは高額な取引は避けたほうが無難です。特に、初心者の方が運良く収益を手に入れたとしても、それで味をしめて高額取引に発展してしまうケースが多くあります。

 

結果的に敗北してしまい、強制ロスカットで多額の借金を背負ってしまうこともあるのです。だから、市場に流されることなく冷静に取引を行うことが重要になるでしょう。

具体的な対策としてはクレジットカードを登録せず、銀行振込で少しずつ入金していく方法がおすすめです。これにより、大きな取引にならなくなります。

FXの4つのデメリットを正確に理解しよう

2019年5月23日

 

まとめ

まとめると、FXを行う方はなるべくFX会社が指定した強制ロスカットに注意して、損失額を膨らませないように少額からの投資を心がけていくことが重要になります。

特に、最近では初心者を中心に最初から高額での投資を行ってしまい、大きな損失を抱えてしまうだけでなく、ビギナーズラックで大儲けして将来失敗してしまうケースが跡を絶ちません。

 

初心者こそ少額投資を心がけて相場の雰囲気に流されないように、自我を保っていくことが重要になります。

だからFXを利用する際には少々の儲けであっても確実に売却することよって、収益をプラスに転じさせる堅実なトレードを行っておくほうが、将来のリスクを軽減するためにも王道と言えるのです。

 

コメントを残す