お金が貯まらない人の3つの習慣

ここではお金が貯まらない人の3つの習慣についてお伝えしていきます。

同等の収入を得ているのにも関わらずお金が貯まりやすい方と貯まりにくい方に二分されるのは、各々に分類される共通点が存在しているためであり、お金が貯まりやすい方には整理整頓が上手であるという共通点があります。

 

部屋が汚い

お金の貯め方で基本になるのは手放す分よりも入ってくる分を増やすという事ですが、毎日仕事や私生活が多忙で時間に追われるような生活を送っていると、つい部屋が乱雑になってしまうものです。

部屋が乱雑な状態になっていると所有しているのにも関わらず見つけられなくなってしまい、必要に迫られ新たに買い増ししてしまうきっかけに繋がります。

 

既に所有している物を新たに購入する場合、使用する事で消費する物であれば取り分けて問題視する必要は無いもののドライバーやハサミ、爪切りなど長年にわたり使用し続けられる物を乱雑で見つけられないという理由のみで買い増ししてしまうと、本来出費しなくても良い金銭を出費する事になります。

このような探している物が見つからないという理由により買い増しを続けていくと、ますます部屋の中の物が増えていき尚一層見つけられなくなるという悪循環に陥りますし、当然の事ながらその都度出費が嵩みます。

 

悪循環を発生させないためには所有している物を収納してある場所を正確に把握するようにし、さらに必要になった時に速やかに手に取る事ができるような整理整頓を意識する事も大切です。

そして、家族と同居している方は所有している物について全員が共通認識を持っておくようにすると重複して個々が購入してしまう事を防げるので、所有している物と保管場所を共有しておきましょう。

【厳選5選】初心者におすすめな国内証券口座

2018年9月1日

 

ランニングコストを意識していない


また、お金の貯め方で大切なのは食費など生活をしていくために出費しなければならないランニングコストをいかに低く抑えられるかという事であり、食費を抑えるべく閉店時間が近づいているスーパーマーケットでお買い物をするという方は稀有ではありません。

必要な物を通常価格よりも割引された価格で買い求められると節約に繋げられますが、割引されているという事のみに着目し必要ではない物を買うと結果的に出費が増えてしまいます。

 

割引商品をすぐに購入する


割引されていてお得になっている状況を目にすると思わず手に取ってしまう方は多いものの、割引されていなければ本来購入しない商品なので必要に迫られていないですし、割引されている商品は消費期限が近くなっているため食べきる事ができず、処分しなければならない可能性が高いです。

 

閉店時間が近づくと割引されるという商品はお惣菜に多いですが、食材であっても一人暮らしの場合だと一度あたりに使用する分はそう多くない上、友人知人などの外食に出かける機会も多く使い切れない事も多いので、お惣菜はもちろん食材についても必要な分だけ買い求め、期限が長い物を購入するようにしましょう。

 

さらに、お金の貯め方が上手な方はお得な情報を多く有しているという特徴もあり、お得な情報は周囲の方々から教えて頂くという手段が多い様子から、挨拶を徹底するなど周囲とのコミュニケーションを円滑に取り、良い関係を築く事も意識すると尚良いです。

確実に「貯金100万円」を貯める方法

2019年5月6日

 

まとめ

お金が貯まらない人の3つの習慣についてまとめましたが、投資するためには投資資金が必要となります。

少額から始められるかとって借金して始めるのではなく、貯金をしてそこから余剰資金として運用に回したほうがより堅実な資産形成をすることができます。

コメントを残す