FXトレードの4つのポジションの建て方を学ぼう

この記事ではFXトレードの4つのポジションの建て方を解説していきます。

FXトレードで利益を上げたいと思っている方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

常に同じポジションを建てる

ポジションとは投資する金額(枚数)で1万通貨を1枚と言う表現を使いますが、実際に投資をする証拠金とは違います。

1ドルが100円ならばレバレッジ25倍で証拠金は40,000円の資金が必要となり、10枚でFX投資を行うので有れば、証拠金は400,000円必要となります。

 

常に同じポジションを建てると言うことは、枚数を変えないでFX投資を行うことで、損益の計算が分かりやすくなる利点が有りますが、負けている時は常に同じ枚数でFX投資を行っているので精神的に辛くなることもあります。

但しポジションを変えなければ、大きな負けでロスカットになる前にポジションを閉じることも可能です。

 

勝ち方が理解出来てきたら枚数を増やすことで、1トレード当たりの利益を増やすことが可能になります。

株とFXの違いを3つ解説

2019年5月24日

 

ナンピンを行う

ナンピンは下手に行うと大きな損が出るので行わない方が良いと書かれている本も有りますが、上手く利用すれば、損出を減らして利益に繋げることも可能になります。

ナンピンを行うには、テクニカルチャートのボリンジャーバンドや一目均衡表、RSI、MACDなどを理解することが必用です。

 

最初に取ったポジションがマイナスになった場合に、タイミングを見ながらそこで再度ポジションを取り最初のポジションのリスクを減らすのですが、もし同じ方向に相場が動き続ければナンピンを続け損切のタイミングを逃し、大きなリスクになることも多く有ります。

しっかりとチャートを読んで、相場が反転するタイミングでナンピンをすれば、損出を防ぎプラスに転じることも有りますが、初心者が行う場合は損切のポジションを決めてから行うことが重用です。

FXの4つのデメリットを正確に理解しよう

2019年5月23日

 

マーチンゲールを行う

マーチンゲールはカジノで行うルーレットの赤か黒の位置に掛け続ければ、いつかは何倍にもなってお金が戻る賭け方のことを言いますが、FXでも同じ手法で損出を無くし利益に転嫁することを言います。

最初に1万通貨をFXに投資をして、10銭で利益確定と損切を行うポジションを持つと1,000円で損切を行い次に2万通貨にして同じ10銭で利益確定と損切を行い、1,000円で利益が出れば終わりで2回のポジションを取ったことになります。

 

これを繰り返しても、常に1,000円の利益しか出ません。

理論的には利益が出ると言う方もいますが、負けが続ければ証拠金の額も増えていきますので。現実的に投資とは言えません。

 

FXは理論に基づいて行う投資なので、マーチゲール法で勝てることは難しいと言われています。

FXトレードの2大判断材料とは?

2019年5月22日

 

運用資金の一定のパーセントを建てる

FX会社に預ける証拠金で投資を行いますが、運用資金のルールを決めることで大きな損出を出さずに利益を上げていくのが最も良い方法です。

一般的に運用資金の2%までしかリスクを取らない、または1日5%の損出が出たら取引は終わりにするなど、運用資金を守るルールを作ることが長くFX投資を続ける条件になります。

 

また1日の損出金額を決める、1ヵ月の投資で損失の金額が有る一定額を越えたらその月の取引をしないなどの、余裕を持った投資が最終的には利益に繋がっていきます。

以前FX投資は、レバレッジが100倍以上の時もあり、そのころ頃は10回負けても1回勝てば利益が出る投資と言われていましたが、レバレッジの規制で25倍までとなったので、運用資金の管理には一定のパーセントで損切のポジションを持つことが重用です。

トレードの勉強方法

2019年5月21日

 

まとめ

FXトレードの4つのポジションの建て方を解説しましたが、いかがでしたか?

損益の計算を分かりやすくする為には常に同じポジションを立てること、タイミングよくナンピンを行うことが重要です。また、FXにはマーチンゲール法は不向きで、利益を上げていくには運用資金のルールを決めることが大切です。

 

コメントを残す