FXトレード手法の「スイング」を解説

FXのトレードには、スキャルピングやデイトレード、スイング、長期保有などのトレードスタイルがあります。

ここでは、「スイング手法」についてご紹介します。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

スイングトレードとは?

スイングトレードとは、中長期的なトレードを行うことです。スキャルピングやデイトレードと呼ばれるものは、短期間での決済を繰り返して利益を狙います。

一方でスイングトレードではすぐに決済することはなく、一週間から場合によっては一か月以上にわたってポジションを持ち続けます。

 

為替相場にはトレンドが一方的に進むことがよくあり、それに乗ることができると大きな利益につながります。スイングトレードはそうしたトレンドに乗る取引手法で、普段忙しくて相場を見続けるのが難しい方にこそおすすめです。

取引を繰り返さないため、スプレッドなどの無駄な手数料を減らし、投資効率を最大化できるというメリットもあります。

超基本!FXトレードの3つの注文方法

2019年5月19日

 

レバレッジは低めが重要

スイングトレードで注意すべきことは、レバレッジは低めに抑えることです。トレンドが出たと思ってポジションを持っても、市場が全く逆の方向に進んでしまうこともよくあります。

そうした場合、レバレッジを高めに設定してしまうと、すぐにロスカットに引っかかり損切りせざるを得なくなるでしょう。

 

しかしレバレッジを低めにしておけば、相場が多少急変動した場合でもロスカットする必要がなく安全です。

相場は常に一定の方向に進み続けるわけではなく、時間が経つと元のレートに戻ってくることもよくあります。レバレッジを低めにしておけば同値撤退することもできリスクを最小限に抑えられるのです。

FXの取引額から見るトレード方法

2019年5月18日

 

損切り設定は必ず入れる

万が一のために、損切りの設定は必ず入れておくことをおすすめします。為替相場は国の経済政策による影響を受けることも多く、これまでと全く違う方針が発表されたときには相場も大きく変動するからです。

場合によっては、以前のレートに戻ることができないほど乖離してしまうのでとても危険です。

 

こうしたリスクを抑えてくれるのが、損切りの設定です。あらかじめポジションを持った時点で、損切りの注文も入れておけば、レイトが急変してもそれ以上の損失を被ることはなくなります。

何を基準に損切りのポイントとするかは、状況にもよります。チャートを見て、ここをブレイクすると一気に進みそう、と思えるところに入れておくと良いでしょう。

FXトレードで継続的に利益を出す5つの秘訣

2019年1月4日

 

まとめ

一か月前後にわたって発生するトレンドを対象にしたスイングトレードは、余計なノイズに悩まされることもないシンプルなトレード方法です。

そのためまだFXを始めたばかりの初心者の方や、相場をチェックし続けるのが難しい方に向いています。

 

スイングトレードを成功させるためには、大きなトレンドが発生したのを確認してからポジションを持つようにしましょう。週足や日足のような時間軸が長めのチャートを見ることが大切です。

その上で安全策としてレバレッジは低めに設定してください。万が一のために損切りもしっかり設定しておくとリスクを減らした取引が可能になります。

 

コメントを残す