FXトレードで初心者でも勝てるチャートの見方

この記事ではFXトレードで初心者でも勝てるチャートの見方を解説していきます。

これからFXを始めようと思っている方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

チャートはすべての投資家の集団心理である

トレードは単なる情報戦、いかに多くの多く情報を集めるのかで勝つと感じている人も多いのではないでしょうか。

また、このように考える人の中には、一般の人にはわからない情報の中で為替が動く、チャートなどは意味がない、このように考える人も多いと言えます。

 

しかしながら、チャートは過去のデータがすべて反映される、本質的に投資家の集団心理を映し出しているもの、それ故にチャートを制すものがトレードで勝利を収める、勝つためには欠かせない分析ツールがチャートです。

FXの市場には何億もの投資家が売買を行い、需要と供給のバランスは不安定な状態になるのが特徴です。

 

トレーダーの感情とも言える、この値段で売りたい(供給)・の値段で買いたい(需要)、これらを基本とした集団心理を反映しているものがチャートです。

海外FX口座の5つのメリット3つのデメリットを徹底解説

2019年5月1日

 

チャートの基本的な見方

チャートは為替相場の動きを見るためのもの、グラフの中にはローソクチャート・バーチャート・ラインチャートの3つがあるのが特徴です。

技術面からはどれを使っても良いのですが、実用的な部分で言うとローソク足チャートがおすすめです。

 

日本国内では日常的目にするニュースやアナリストの解説、書籍などに掲載されているものはすべてがローソク足チャート、縦軸は為替レートで横軸は時間を示します。

それぞれのローソク足は始値・高値・安値・終値の情報が集約されている、ここから状況を読み取ることが可能です。

 

また、様々な時間軸があり、ローソク足の時間軸が異なるとチャートが表す時間も変わるのも特徴で、ローソク足の時間軸が異なると値幅も変わることを覚えておきましょう。

【会計士監修】FXで経費にできるものとは?

2019年5月1日

 

チャートに線を引いてみる

チャートに色を付ける線を描くことで、相場の流れはより把握しやすくします。FXトレードで利用するソフトウェアは色々な便利な機能があり、色を付けることは勿論、矢印や図形を書き入れることが可能です。

図形や色を使い分けて見やすくする、これにより相場の流れが浮き彫りになりイメージしやすくなるわけです。

 

尚、現在3つの相場の中でどれなのかを把握することは意識していないとわからなくなりますので、チャートを開いた時には最初に線を引いてみるなど図形を使って識別することがポイントです。

最初に現在のトレンド、そこに至るまでの状況を把握できることが相場を正しく把握するコツであり、その一つが図形やラインを描くことで、これを繰り返し練習することも重要です。

法人でFXに取り組む3つのメリットとは?

2019年4月30日

 

チャートを制するものが投資を制する

FX取引先初心者の人は、過去のチャートを利用して練習を重ねる、その次にリアルタイムのものを使い実践に挑戦するなどの方法で行うのがおすすめです。

練習を行うことはリアルタイムチャート上で、このパターンは練習の時に見たものと同じ、など視覚的にわかるようになります。

 

尚、チャートが示すパターンは3つだけで、現在がどのようなパターンであるのかを正確に知ることが重要で、これがわかるようになるとトレードでの良し悪しを左右する結果に繋がります。

現在のパターンとそこまでに至るチャートの動きを見極めて予測を立てます。その予測が確信に変わった段階でエントリーするようにします。そのため、投資で成功するためのコツはチャートを制することです。

【まとめ】インカムゲインとキャピタルゲインの違いとは?

2019年4月29日

 

まとめ

FXトレードで初心者でも勝てるチャートの見方を解説しましたが、いかがでしたか?

チャートの見方をしっかり理解することが、初心者でも成功する近道になりますのでぜひ活用してみて下さい。

 

コメントを残す