FXの基本であるロスカットとは?

FXには、少額で大きな利益を出せるというメリットがある反面、そこにはもちろんリスクが伴います。

ここでは、そのリスクの1つである「ロスカット」についてお話ししていきます。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

損切りとは?

ロスカットは日本語では損切りと呼ばれるもので、含み損を確定させる行為です。通常は利益を求めるためにFXなどの投資を行うわけですが、必ずしも成功するとは限りません。

特に思った逆方向に進んだ場合には損失が拡大することになります。現物取引ではそれを保有するのにコストが発生しませんから将来的に値段が戻ってくることを期待して放置するのも選択肢ですが、FXの場合には証拠金取引であり、またレバレッジも存在するため損失が拡大すると証拠金不足になってしまいます。

 

またスワップ金利の負担も大きいため、特に短期間で差益を得ようという場合には、あえて損切り(ロスカット)を行って、損失の拡大を防ぐといったことが行われます。

【初心者必見】デモトレードで取引の練習をしよう

2018年9月1日

 

 

強制ロスカットとは?

損切りをするということは損失を確定することで証拠金が減ることになります。損をするためにFXをしているわけではありませんから、誰もがやりたいことではありません。

ロスカットをする以上は、相場の流れが変わったことに自信がなければ行うことが難しいものです。このため証拠金を継ぎ足して保有し続けるといった選択肢をする人もいますが、一方で強制ロスカットというものもあります。

 

これは証拠金維持率が100%を割り込んだ場合に行われるもので、業者がこれ以上の損失が拡大するとロスカットをしても損失分が証拠金を上回りマイナスになることを防ぐために行われるものです。

防ぐ方法としては、証拠金を入れるか、それとも自らロスカットをするかの選択を迫られることになります。

Iron証券口座の開設手順をゼロから徹底解説

2018年9月1日

 

強制ロスカットが必要な理由

強制ロスカットは業者にとって損失を出さないために行われるものです。もし強制ロスカットがなく証拠金維持率がマイナスになれば、証拠金のすべてを使っても損失分を補うことができません。

このため早い段階でロスカットが行われています。またレバレッジが高いほど損失の出るスピードが高まるため、特にFXでは重要なものといえます。

 

日本ではFX業者によって強制ロスカットのルールが若干違いますが、たいていの場合には、証拠金維持率が100%を切ると証拠金を入れて100%以上にするように注意が行われます。

厳しいところであれば、100%を切った状態が何日が続くと強制で実行されることもあるので注意が必要です。ほとんどのところでは50%を切った時点でロスカットが実行されます。

必須知識である「pips(ピプス)」の意味とは?

2018年9月4日

 

まとめ

ロスカットそのものは、投資の世界では普通に行われていることで、損失を拡大させないための方法として広く知られます。

ただ、相場というものは上がったり下がったりするもので、その波をみて差益を得るものですから、必ずしもロスカットをすることが損失を拡大させないことに繋がるものとはいえません。

 

このためロスカットのタイミングを見極めるのもFXを行っていく上では大切です。

一方で気をつけなければならないのが強制ロスカットです。強制ロスカットが行われると強制的に損失が確定することになってしまいます。

 

このようなことを避けるためには、ひとつは証拠金に余裕をもたせておくことや、自身の中でロスカットするルールを定めて厳格に運用するといったことが大切です。

 

コメントを残す