【会計士監修】FXで経費にできるものとは?

FXをする上で、経費にできるものとできないものがあります。

ここでは、会計士監修のもと、FX周りの経費について解説します。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

FXの確定申告とは?

確定申告とは税金を国に納めるときに行う作業です。基本的にFXを利用して稼いだ金額には税金がかかります。これは雑所得等に区分されるもので所得税15%と地方税の5%を支払います。

合計20%の課税が適用されるので注意しておきましょう。申告分離課税に当たり他の所得とは別に計算をする事になっています。つまり他の税金とは別に納税をすることになるので、気をつける必要があります。

 

ただ2013年の1月1日から2037年の12月31日までは東日本大震災の影響による特別処置が施されます。これにより所得税額に対して2.1%の復興特別所得税を課されるのが特徴です。

実際に支払う税金ですが20.315%になるので注意が必要です。

副業を秘密にするポイントは「住民税」の納付方法

2018年12月19日

 

具体的に経費にできるもの

実際にFXをしたときにどのようなものが経費として計上できるのか気になる方も多いでしょう。これはFX取引をしたときにかかる通信費用を計上できます。

例えばインターネットプロバイダー料金や電話料金などです。他にもFXのセミナーに参加して勉強をしたときには、勉強の費用も利用できます。セミナーに参加するためには移動をしなければいけません。この交通費も経費にできるのが特徴です。

 

FXをするときには情報収集が必須です。新聞や書籍を購入した金額も経費に使えます。銀行振込にかかる手数料なども可能なので、比較的多くのものを経費にできるでしょう。

基本的にFXをするときにかかった費用を経費としてカウントするとわかりやすいです。

FXを会社でバレないようにするための確実な方法

2018年12月18日

 

経費にできないもの

多くのものを経費として計上できるのがFXですが、中には計上できないものもあります。間違って計上してしまわないように覚えておきましょう。

FXをするときにはパソコンを使用します。このパソコンは電気を消費して使うため電気料金を経費にできるのが特徴です。ただし自宅で使用した電気料金をすべて計上することはできません。

 

基本的にFXをしていた時間分の電気料金を経費にできます。一日にどれくらいFXをしているのかを調べておきます。またFX取引で知り合いになった人からテクニックを教えてもらうこともあります。

その方たちと飲み食いをしたときにかかる費用は経費としてカウントするのは非常に難しいです。セミナーなどで開催されてる懇親会の参加費用は経費にできます。

初心者でも理解できる「FXとは?」

2018年8月17日

 

まとめ

FXをしていればいつかは多額の金額を手に入れることになるでしょう。収入が多いとそれだけ税金もかかってしまうので、どこかで税金対策をしないといけません。

そういうときに利用できるのが経費です。これはFXをしているときにかかるコストを計上する事ができるので、なるべく税金を抑えたいときに活用できるのが特徴です。経費として計上できるものはFXをしているときに発生したコストです。

 

交通費や商品の購入代金なども計上できます。ただしすべてのものが計上できるわけではありません。計上できないものもあるので注意しておきましょう。

中にはグレーゾーンなものも用意されています。どのようなものが経費にできるのかわかっていれば安心です。

 

コメントを残す