FXが会社員の副業に向いている3つの理由

令和になった現在も、FXには四六時中、パソコンのチャートに張り付きで取引しているイメージがありますが、それはもう昔の話です。

今は、インターネットやスマホなど技術の発展により、どんな職業の方でも、空いた時間に取り組むことができます。

ここでは、FXは副業に向いている理由3つをご紹介します。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

夜中の時間帯でリアルで相場に参加できる

日中は会社で仕事をしているので、相場に参加できないと考えている場合があります。仕事に集中しなければならないため、日中にFXのトレードをする時間が少ないのは事実です。

しかし、夜中の時間帯でもリアルに相場に参加することは可能です。なぜなら、平日であれば国内の業者でも売買ができるようになっているからです。

 

つまり、午後10時や11時までではなく、午前0時以降もトレードによって儲けられるチャンスがあります。日中は無理でも夜中の時間帯であれば相場に参加できるので、FXは会社員の副業に向いているでしょう。

ただ、翌日に仕事がある場合は寝不足にならないように注意が必要です。そうすれば、上手く両立しながら副業に取り組めます。

副業を秘密にするポイントは「住民税」の納付方法

2018年12月19日

 

本業という収入がある強み

FXは為替を予想してポジションを売買して的中した場合に儲けられますが、経験豊富なベテランでも外してしまうことはあります。

ですから、トレードを始める前にリスクがあることをしっかりと理解しておくことが重要です。ただ、本業での収入があれば、仮にFXで結果を出せない状況になったとしても、生活への影響はないです。

 

また、安定した収入がない中でのFXは大きなプレッシャーを感じながらのトレードになってしまいます。しかし、本業の定期的な収入があるなら、あくまでも副業の立ち位置ということで、余計なプレッシャーを感じることはないです。

そのため、冷静にチャンスを見極めて売買することができる分、良い結果を出しやすくなります。

FXを会社でバレないようにするための確実な方法

2018年12月18日

 

資産運用として長期で行える

数分や数十分、数時間など短い期間でポジションを売買することだけがFXで儲けを出す方法ではないです。1年や3年、5年というように長期的な資産運用の1つと考えることができます。

たとえば、FXでは売買の他、金利差によっても儲けられる可能性があります。低金利の通貨を売り、高金利の買うと利益が出るようになるので、このようなケースではポジションを保有している期間が長いほど利益が増えていきます。

 

ただ、相場は動くのでずっと安全なポジションは存在しません。いずれは手放さなければならない時が訪れる可能性はあります。それが数年後なのか、それとも明日になるのかは誰にも予想できませんが、準備だけはしておくことが大切です。

FXの確定申告の必要性と徴収方法

2019年4月29日

 

まとめ

会社員の副業にFXが向いているのは日中だけではなく、夜中でも為替の売買が可能だからです。そのため、日中に仕事をしている場合でも夜中の時間帯に副業が可能になるので、会社員に適しています。

また、FXでのトレードを副業にして予想していた結果を出せなかったとしても、本業の収入があるので生活への影響はないです。つまり、プレッシャーを受けずにFXのトレードを副業にできることから、良い結果を出せるチャンスがあります。

 

さらに、短期間の売買ではなく、長期で保有して金利差で利益を出せることから、資産運用の1つにできることもFXが会社員の副業に向いている理由です。

ただ、状況は常に変化するので、手放す場合の準備はしっかりと行っておく必要があります。

 

コメントを残す