【超基本】理解しておこう!通貨ペアとは?

「FXとは何か」から初めて、仕組みを理解したあとは通貨ペアについて知識を習得する必要があります。

すべてのFXトレードは、通貨ペアを選択することから始まります。

 

そして、どの通貨ペアを選択するかで、あなたが思い描く収益を実現できるどうかが決まるといっても過言ではありません。

ここでは、あなたがFXで収益を得るために、通貨ペアの種類と選択方法について説明していきます。

ぜひ、ご一読ください。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

通貨ペアとは

通貨ペアとは、二種類の通貨の組み合わせをいいます。

また、通貨ペアには一定のルールがあります。

通貨名の真ん中に表示される「/(スラッシュ)」を基準に、左側を「主軸通貨」、右側を「決済通貨」いいます。

 

たとえばアメリカドルと日本円の通貨ペアによる取引では

「米ドル/円」

と表示します。

 

FXトレードでは「米ドル/円」の表示を

  • 日本円で米ドルを買う
  • 米ドルを売って日本円に交換する

という取引を示します。

 

ポイント
  •  日本に住んでいる人が日本のFX会社でFXトレードを行う時は「米ドル/円」というように表記します。
  • アメリカ人がアメリカのFX会社でFXトレードを行う時は「円/米ドル」という表記になります。

 

 

FXトレードで通貨ペアを考えるときは、外国為替相場における通貨の格付けがありますのでポイントとして押さえておきましょう。

これは何世紀にもわたって築かれたルールとなっています。

通貨の世界では、英国連邦に加盟している国、地域の通貨、または、英国を宗主国にしている国の通貨は必ず主軸通貨になります。

未だ世界の海を制した英国、エリザベス女王は偉大であるということです。

 

外国為替では米国、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、香港などが英国を宗主国にしている国にあたります。

日本は、英国を宗主国にしていないことから、円は絶対的に主軸通貨とはならず、決済通貨として表示され、ドル円、オーストラリアドル円、ニュージーランド円、香港ドル円と表記されます。

 

主軸通貨の特徴について

FXトレードできる通貨は、それぞれに特徴を持っています。

各通貨の特徴を知っておくことは資産運用をする上では、とても重要なこととなります。

ここでは、主軸通貨と呼ばれている取引量の多い通貨の特徴についてまとめていきます。

 

米ドル(USD)の特徴

 

米ドルは、FXトレードでは最も人気のある通貨です。

特にUSD/JPYは東京市場においてそのシェアは約8割を占めています。

 

為替情報が豊富であることから、個人投資家が最も取引しやすい通貨ペアです。

FXトレードの初心者の方にはおすすめしたい通貨です。

 

ユーロ(EUR)の特徴

 

ユーロはユーロ圏の国々(EUのうち、単一通貨ユーロを使用する国)で流通し、経済通貨同盟で用いられている通貨です。

ユーロは米国のドルとならんで、世界でもっとも重要な通貨の地位を有しており、第二の主軸通貨です。

値動きも比較的安定しているなどから、FXトレードの初心者の方には米ドルに続き、おすすめしたい通貨のひとつです。

 

日本円(JPY)の特徴

日本円(JPY)は、米ドル、ユーロに続く世界シェア第3位の取引量を誇る通貨です。

日本円(JPY)は、ゼロ金利政策を続けており、スワップを狙った外貨預金や外貨建ての債券への投資が活発な動きを示しています。

投資資金面では、円売り外貨買いの意欲が高いという特徴があります。

 

イギリスポンド(GBP)の特徴

 

イギリスポンド(GBP)は、日本円に続く、世界シェア第4位を誇る通貨です。

イギリスポンド(GBP)は、値動きが激しく、ユーロと連動して値動きしやすいという特徴があります。

イギリスはユーロを導入していないもののEUには加盟しています。

 

しかし、2016年6月23日に実施された国民投票において、イギリス国のEU離脱が事実上決定となりました。

今まで経済や金融の中心を担っていたイギリスが、EUを離脱することで、EUに対する信用が低下し、ユーロの価値も下がります。

 

またイギリスに対する信用度も低下が予測され、イギリスポンドの価値が大暴落するのではと予測されています。

イギリスがEUを離脱するのは2019年3月29日。

その後の動向は見逃せません。

 

オーストラリアドル(AUD)の特徴

オーストラリアドルの取引量は世界シェア第5位を誇る通貨で、他の主要通貨に比べると決して多くはありません。

オーストラリアドルは資源国通貨であることから、鉄鉱石、石炭、銅価格との連動性が高く、ニュージーランドドルやカナダドルに並んで、日本人に人気の通貨です。

また、経済活動において中国と密接な関係にあることから、中国経済の影響も受けるという特徴があります。

 

ニュージーランドドル(NZD)の特徴

ニュージーランドドル(NZD)は世界シェア第10位を誇る通貨です。

オーストラリアドルと同じで、金利がより高く、リスクもより高いという特徴があります。

ニュージーランドドルをFXトレードする投資家の95%が「買い」で入る通貨といわれており、一度下がり始めるとその95%が売り回るのでものすごい勢いで落ちます。

 

ゆっくり上がってガクンと下がる。この動きはオーストラリアドルとほぼ同じです。

FXトレードで人気の高い通貨についてまとめました。

 

 

FXトレードで重要となる通貨ペアの選択方法

FXトレードは、FX会社が取り扱っている通貨であれば、どのようなペアでもFXトレードができます。

また、通貨を発行する国の経済状況が把握しやすいところを選ぶことがポイントです。

 

なじみの深い通貨で取引を始めること

FXトレードの初心者の方でしたら、ニュースなどの報道でよく目にする米ドル/円で慣れてから、通貨ペアの幅を広げていくのがよいでしょう。

 

FXトレードする通貨についての情報収集を行うこと

FXトレードは、必ず外貨の取引をし、取引する通貨の国の経済状態によって、値動きにも特徴が出ます。

もちろん経済状態だけでなく、金利や対外貨の価格変動も考える必要があります。

 

FXトレードによる取引をしなければ、各国の政策金利などを知らなくてもあまリ問題はありませんが、 FXを始めるのであれば、各国の通貨や政策金利についても情報として知るべきことです。

なぜなら、通貨を発行する国の経済・政治の状況や文化について把握すると、為替相場の予測に役立つからです。

 

まとめ

通貨ペアは、調べてみると最低でも20種類以上あります。

そのなかでも、初心者の方でも比較的取り組みやすい米ドル/円がおすすめです。

先に述べていますが、米ドルはアメリカ国内の経済状況や金融情勢に大きな影響を及ぼすため、最新の情報を得る必要があります。

米ドルの値動きは他の国の通貨にも影響が出ますので、事前の情報収集はとても大切です。

コメントを残す