投資の基本である複利運用の基礎と2大メリット

FXトレードをおこなう目的は、お金を増やす、儲けることにあります。

FXトレードに利用する資金の運用方法としては、単利運用と複利運用の2種類あり、資金を効果的に増やすための方法は複利による運用が最適です。

FXトレード用資金を複利運用すれば、見事なくらいに増えていき、FXトレードがうまくいけば、いつしか億単位の資金に増やすことも実現可能です。

 

しかし、元になる資金から億単位の資金に増やすには、複利運用だからといってもそうたやすくはなく、億単位の資金に増やすには、しっかりとした複利運用による計画を立てることが大切です。

そこで、FX複利運用について調査を行い、まとめてみましたので、ぜひご覧ください。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

FXの複利運用について

アインシュタインも複利を絶賛しています。

「複利とは人類の偉大なる発明である」

by アルベルト・アインシュタイン

 

FXの複利というのは、FXトレードにより投資した元手に対して、利益が生じたときは、その利益を元手に加算して次回のFXトレードのための運用資金とします。

その運用資金を元手にFXトレードをおこない、利益が発生したらさらに加算して次回の運用資金に活かしていくという運用方法です。

FX大学代表:新井まさひろ
世界的な投資家、ウォーレンバフェットも複利の威力を絶賛しています。

 

例えば、FXトレード資金用に100万円を用意して10万通貨でFXトレードを始めたら10万円の儲けが出たため、この時点ではFXトレード用資金が110万円に増えました。

FXトレード用資金110万円で11万通貨によるFXトレードをおこなったときに11万円の利益が発生すると、元手となった110万円がこの時点では121万円となります。

 

このようにFXトレードによって発生した利益を元手に加算していくことを繰り返していくという運用方法が、FXトレードの複利運用となります。

最初は小さいけれども、徐々に1回のトレードにおいての利益額が増えていきます。これが複利の威力なのです。

 

単利や複利という言葉は元々、金利を示すものですが、FXの世界では少し意味合いが変わっています。

複利運用は、確かに資金を増やすことのできる最大のパワーを持ってはいますが、やり方を間違えてしまうと損失に変わってしまうこともありますのでそのような点ではしっかりとした運用計画を立てる必要があるということです。

それでは、FXトレードの複利運用を理解するために本質的なメリットやデメリットについて説明していきます。

【保存版】テクニカル分析とファンダメンタル分析の違い

2018年12月19日

 

FXトレードの複利運用のメリット

FXトレードの複利運用のメリットについて、まとめてみましたのでご覧ください。

今回ご紹介する2つ以外にも多くのメリットがありますが、代表的なものを厳選してご紹介します。

それでは早速いってみましょう。

 

FXトレード複利運用のメリット(その1)

複利運用を行うことで、初期資金が驚異的なスピードで、しかも短期間で増やすことができることです。

複利運用効果を最大限発揮するためには、ある程度の外貨を口座に預け、あらかじめ用意しておいた運用計画をもとに、複利の恩恵を受けながらうまく運用していくことです。

 

FXトレード複利運用のメリット(その2)

少額の資金からでも大きな資産を作ることができるという点です。

これが複利運用の最大のメリットといっても良いと思います。複利運用は時間を味方につけることで、徐々に運用資金が増加していきます。

FXトレードで継続的に利益を出す5つの秘訣

2019年1月4日

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

FX複利運用は、大きな額を稼ごうとすると多額の資金が必要になり、初めはよくとも次第に資金が底をつくこともあります。

また、FXトレードで継続的に利益を獲得すれば、目標額も達成する可能性は十分ありますが、FXトレードには波がありますので、勝ち続けるには相応の経験や十分な知識、情報が必要になります。

FX複利運用で成功するためには、しっかりとした計画と計画に基づいたシミュレーションをおこなって分析することをおすすめします。

コメントを残す