FXで3つの「証拠金」の種類について具体的に解説

FXやバイナリーオプションなど、どんな投資でも必要なのが投資金(証拠金)です。

ここでは、その「証拠金」についてご説明します。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

FXの「証拠金」とは?

FXは外国為替証拠金取引の英語の略称ですが、正式名称のほうを見るとわかるとおり、トレードにあたっては証拠金の存在が不可欠となっています。

この場合の証拠金というのは、トレードをするたびごとにFX会社に差し出す一定の担保、預託金のようなものと考えればよいでしょう。

 

FXは簡単にいえば外貨を安く仕入れて高く売ることにより、その差額を利益とする投資手法です。

しかしわずかな額面を取引していても利益にはならないため、レバレッジによって手持ちの金額の何倍もの外貨をトレードすることで効率化を図っています。

 

この証拠金によってFX会社からの信用を得ることで、手持ちの金額よりも大きな金額の外貨のトレードを許されているともいえます。

FX初心者におすすめのスキル上達する練習法

2018年12月12日

 

必要証拠金とは?

必要証拠金とは、FXによるトレードをするにあたって必要となってくる証拠金の金額のことをいいます。

この証拠金の金額ですが、取引をしようとしている金額とレバレッジの値によって違ってきますので、いつでも同じというわけではありません。

 

たとえば為替レートが1ドル100円のときに、ドル円の通貨ペアで1万通貨を動かしたいのであれば、本来は100円の1万倍にあたる100万円の軍資金が必要になるはずです。

しかしFXではレバレッジによって手持ちの金額よりも大きな価値をもつ外貨を動かすことができるので、レバレッジが最大の25倍だとすれば、100万円を25倍で割り算して得られた4万円が必要証拠金の金額ということになります。

初心者でも理解できる「FXとは?」

2018年8月17日

 

有効証拠金とは?

有効証拠金とは、取引をするために使うことができる口座の残金額のことをいいます。

FXをする場合には、まずは指定された口座に証拠金を入金しますが、いったんポジションを取れば、取引金額とレバレッジの関係から導き出される必要証拠金の分だけ、この口座の金額は減ってしまうことになります。

 

また為替レートは常に変動していますので、現在の為替レートで換算したときの評価額と最初にポジションを取ったときの購入額との差額が為替損益となりますし、同様に日々付与されるスワップポイントも考慮する必要があります。

このように口座に入金されたトータルの金額から、必要証拠金や含み損益、スワップポイントを差し引いた残りの金額が有効証拠金です。この金額が十分に多ければ、さらに別のポジションを建てることも可能です。

FX大学はいわばトレーダー大学

2018年11月24日

 

最低証拠金とは?

最低証拠金とは、FX会社に口座を開設する際に最低限入金しなければならない金額のことをいいます。

外国為替というのは日々相場が変動するため、これは収益を得られるチャンスでもある反面、大きな損失をこうむってしまうリスクでもあります。

 

そこで初回に入金される証拠金は、将来のリスクも見据えて、できるだけ余裕のある金額にしておかなければなりません。

FX会社のなかには、こうした考え方のもとで、たとえば数万円は入金しておかないと取引をはじめることができないと決められていたりします。

 

もっとも最近では最低証拠金の規制なしで、入金がいくらからでも取引可能というFX会社もみられます。

また最低証拠金を定めていても、キャッシュバックキャンペーンによって実質的には利用者の負担なして即座に取引可能というケースもあります。

 

コメントを残す