入学から卒業までの大学の費用まとめ

大学への進学を考えている場合に気になる点の1つが、どのくらいの費用が必要になるのかという点です。

入学から卒業までの間には、さまざまなお金が必要になります。

タイミングごとにどのくらいの金額が必要になるのか把握したうえで、進学について検討していくことも忘れないようにしましょう。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

入学金は高額

入学費用としてまず検討すべきポイントになるのが、入学金です。国公立大学の場合であれば入学金で30~40万円ほど必要ですが、私立の場合だと20万円台というケースも見られます。

ただし私立の医科歯科の学部を選ぶと、乳が金だけで100万円近くかかることもあるので注意が必要です。私立のほうがお金がかかるというイメージでも、実は入学金だけだと国公立のほうが高いということもあるのです。

知らないうちにお金が貯まる3つの方法

2019年5月5日

 

卒業するための授業料

さらに卒業費用として、毎年の授業料に関する問題を考えていくことも欠かせません。入学金は1度払えば終わりですが、授業料は卒業までの間は毎年支払うお金です。

国公立大学の場合は、年間の授業料が50~60万円ほどになっています。一方で私立は大学によって異なりますが、年間で100万円以上かかることもあります。大学ごとの授業料を把握したうえで、無理なく通える環境を選ぶことも忘れてはいけません。

お金が貯まらない人の3つの習慣

2019年4月21日

 

大学費用も考慮する

大学費用で感がなければいけないのは、入学金や授業料以外にも存在しています。例えば教材費は、基本的に授業料には含まれていません。多くの科目を履修すると、必要な教科書の数も増えてお金がかかります。

さらに電車に乗って通う場合には、交通費なども大学費用で考えなければならないポイントの1つです。さまざまな費用を考えたうえで、入学から卒業までに必要なお金を考えていくようにしましょう。

 

大学に進学したいという希望はあるものの、お金の問題で悩んでいるという方もいるかもしれません。そのような場合には、奨学金や授業料免除の制度が利用できないかチェックしてみるのも1つの手です。

家庭の経済状況に応じて、奨学金でお金を借りて通学するもしくは授業料免除をしてもらうことも可能です。申請が必要にはなりますが、奨学金もしくは授業料免除が利用できれば大学費用の負担を軽減することにもつながります。

 

ほかにも実際に大学へ通う場合には、設備利用費が必要になるケースも見られます。またキャンパスライフを楽しむためにサークル活動をしたい場合には、そのための活動費も必要です。

大学費用を賄うためにアルバイトをしようと考えている方もいるでしょう。お金の問題はギリギリで考えていると、急に必要な教科書が増えるもしくは参考書を買いたいなどの理由で出費が増えることもあります。

 

だからこそお金の計画を立てるのであれば、余裕を持って資金繰りを行えるように工夫していきましょう。

入学から卒業までの間に必要な費用は、どのような大学に進学するかもしくは履修する科目などの違いでも異なります。そのため自分の志望校などを考えたうえで、必要なお金を考えていくことが大切です。

金持ちな人と貧乏な人の思考の違い

2019年5月4日

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

社畜エンジニアから2019年に独立、フリーランスに。 「お金のための仕事」が嫌になりました。 「好きな生き方を選べるように」ネットで稼ぐ方法をお届けします。 釣り・絵画・野球観戦が好き