FXで重要な「マージンコール」を3分で解説

FXをする上で、最も重要になってくるのが資産管理です。

資産管理の方法をしっかり抑えておくことで、安定して資産を増やし続けると言っても過言ではありません。

ここでは、FXの資産管理分野において重要な「マージンコール」についてご紹介します。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

マージンコールとは?

マージンコールは証拠金の維持率が一定のレベルよりも、下回った時に送られる通知になります。

FXは証拠金を元にして取引を行う金融商品であるため、それが不足をしてしまうとポジションが強制的に決済されてしまいます。

 

それまでの猶予期間ということで、証拠金の維持率が下がっているということを通知する仕組みのことです。

また、これは注意喚起を促す精度であることから、必ずしもすべての業者で導入されているとは限らず、業者によっては何の通知もなしに有効証拠金が必要証拠金を下回った時点で強制ロスカットになることもあるので業者の扱いを確認することが大事です。

FXで借金を作らないために確実に行いたい3つの対策

2019年6月6日

 

強制ロスカットとは?

強制ロスカットとは文字通り保有してるポジションを業者によって、強制的にロスカットされてしまうものとなります。

FXは投資元本以上の損失が発生しうる金融商品なので、強制ロスカットがなければ無限に損失が発生してしまう可能性があります。

 

そのような事態を防ぐために、一定の証拠金を下回ると業者によってポジションをクローズされてしまうのです。

基本的には投資元本以上の損失が出る前にロスカットが行われるので、投資元本以上の損失になることはありませんが、相場が急変をしたときはロスカットが間に合わずマイナスになることもあります。

FXで借金に陥る4つのパターンとは?

2019年6月5日

 

マージンコールになった時の対処法

マージンコールになったときには、相場の戻りが予想される材料があるのであれば追加で入金をしてポジションを維持するという方法がまず挙げられます。

損失を確定するのを嫌って無計画に資金を投入するのは好ましくありませんが、戻る見込みがあるのであればポジションが維持できるように証拠金を追加するというのは一つの方法となります。

 

先行きが不透明なのでポジションに見切りをつけてしまうというのも、対処法として考えられます。

目論見が外れた状態で追加で入金をするのはリスクばかりが高まるので、見切りをつけて強制ロスカットをされる前に自ら損切りをするというのも悪いものではありません。

FXの4つのデメリットを正確に理解しよう

2019年5月23日

 

まとめ

マージンコールは証拠金の維持率が不足していることを教えてくれる注意喚起なので、大事なことはそこからどのように対処をするのかということになります。

追加で入金をするのも一つの方法ですし、見切りをつけて損切りをするのも損失を最小限に抑えるためには大事なことです。

 

何もしなければ強制ロスカットをされるからと言って放置をするのは、いたずらにリスクを高めてしまうことになりますから、相場にあった対処をするようにしましょう。

マージンコールそのものよりも通知が来た時に、どのように対処するのかということが最も重要となります。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

社畜エンジニアから2019年に独立、フリーランスに。 「お金のための仕事」が嫌になりました。 「好きな生き方を選べるように」ネットで稼ぐ方法をお届けします。 釣り・絵画・野球観戦が好き