FXトレード手法の「デイトレ」のメリット・デメリット

FXのトレードには、スキャルピングやデイトレード、スイング、長期保有などのトレードスタイルがあります。

ここでは、デイトレードのメリットとデメリットをご紹介します。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

デイトレードとは?

FXのデイトレードとは、1日で取引を完了させる短期取引のことです。

より具体的に説明すると次の日にポジションを持ち越さず、その日のうちに売買を完結させるトレード手法のことを、デイトレードと呼んでいます。

 

基本的にデイトレードは、数十分から数時間保有するのが普通とされています。しかしさらに短い間隔で保有するスキャルピングと呼ばれる手法もあり、その場合は数秒で売買を繰り返すこともあるほどです。

このような短期取引のデイトレードがFXで広く行われているのは、長期取引をするよりさまざまなメリットがあるからです。

FXトレード手法の「スイング」を解説

2019年6月24日

 

デイトレのメリット

FXでデイトレードを行うメリットは、FXの取引を短時間で終わらせられることです。

会社員が副業としてFXを行う場合、パソコンやスマートフォンの画面に張り付いていられるのはわずかな時間のみです。

 

しかし取引時間が短いデイトレードなら、拘束される時間も短くなります。また夜中に眠っている間や仕事中に相場が大きく変動して、売買ができずに大きな損失を被る可能性も減らせます。

このように拘束される時間が短いので会社員が副業としてFXを行う際に向いている、リスクを最小限に抑えるなどのメリットがデイトレードにはあります。

FXのトレードルールを簡単に作るための4ステップ

2019年6月10日

 

デイトレのデメリット

メリットがあるデイトレードには当然デメリットがあり、それはお金を失う可能性が高まることです。

短時間で取引を繰り返すのは成功しているときは利益も一気に増えますが、失敗が続くとあっという間に資金が底をつきます。

 

レバレッジをかけていると損失も一気に増えていくので、気付かぬうちに大きな失敗をすることになりかねません。また負け続けると精神的にもキツくなり、ストレスも大きくなってしまうでしょう。

デイトレードには短時間で取引できるメリットがある一方で、負けたときのリスクも非常に大きい点には注意しなければいけません。

FXトレードの2大判断材料とは?

2019年5月22日

 

まとめ

短時間で売買を繰り返すデイトレードは、帰宅後にFX取引を行う会社員の副業には、向いている手法とも言われています。

しかしその一方で短期取引のデイトレードならではのデメリットもあり、リスクが存在していることも肝に銘じておかなければいけません。

 

会社員の副業に向いていると言われていても、個人には向き不向きがあるので自分にとってベストな手法を採用してFXの取引は行うようにしてください。

メリットとデメリットを十分に理解したうえでデイトレードの手法でFXの取引を行えば、成功し大きな利益を獲得できる可能性はあります。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

社畜エンジニアから2019年に独立、フリーランスに。 「お金のための仕事」が嫌になりました。 「好きな生き方を選べるように」ネットで稼ぐ方法をお届けします。 釣り・絵画・野球観戦が好き