FXトレード手法の「スキャルピング」を3分で解説

ここでは、スキャルピング手法についてご説明します。

短期で売買を繰り返すことによって、運用資金を短期的に増やすメリットがあります。

それではさっそく解説していきます。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

スキャルピングとは?

スキャルピングとは、わずかな利幅を狙ってごく短時間で何度も取引を重ねるトレードの手法のことをいいます。

FXにはそのほかにも数多くの手法がありますが、通常は建玉を決済するまでに数時間や数日、場合によってはそれ以上の時間をかけて行うのに対して、スキャルピングの場合にはわずかに数秒から数十秒という程度です。

 

このように時間的に見れば短さが突出している分だけ、1回あたりのトレードによって得られる利幅としても、やはり数pipsから数十pipsにとどまります。

この手法は元手が少ない人が短期間で利益を得ようとする場合に向けている手法です。

FXのトレードルールを簡単に作るための4ステップ

2019年6月10日

 

何千回も取引をする

1回のトレードあたりの利幅が少ないというスキャルピングの特徴を踏まえると、1日に1回ではほとんど利益にならないのは自明のことです。

したがって同じようなトレードを何百回、何千回と繰り返すことによって利益を積み上げる手法と覚えておくのがよいでしょう。1回では利益にならないとしても、何千回も繰り返せばそれなりの大きさの金額にはなるはずです。

 

ここで気をつけたいのは、FX会社によっては1回のトレードごとに取引手数料がかかる場合があることですが、できるだけ取引手数料が少ないか、または無料の会社を利用することで、コスト倒れを防ぐことが望まれます。

FXトレードの2大判断材料とは?

2019年5月22日

 

相場に張り付く必要がある

相場には波があり、価格の下落と上昇を常に繰り返しています。数時間や数週間といった長いスパンであれば波の大きさや方向性がわかりやすいものの、スキャルピングのようにわずか数十秒勝負のトレード手法の場合にはそれが使えません。

したがってトレードに適した状況が整うこと、つまりは数十分サイクルの小さな波が訪れるのを、相場に張り付いて気長に待たなければならないことになります。

 

この場合、価格が下落しきった底値付近で買い注文を入れ、上昇しきった天井付近で売却するのがもっとも効率的ですが、反復練習して事前にトレードのコツを掴んでおくことがたいせつです。

トレードの勉強方法

2019年5月21日

 

スキャルピングのリスク

スキャルピングは他の手法に比べて格段にトレード回数が多くなるため、そのリスクについても考えておく必要があります。

勝負に絶対に負けない方法を考えてみると、実は何もしないのが一番有効であり、勝負をする回数が多ければ、それだけ負ける確率は高くなります。

 

トレードも同様であり、スキャルピングの場合には全戦全勝を目指すのではなく、時には損失となるトレードを抱えながらも、トータルでは利益とすることが重要です。

チャート形状などをよく確認しながら、期待値の高い場合にだけエントリーすることに努め、くれぐれも勝ちにこだわり無駄なトレードを繰り返すことがないようにしなければなりません。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

社畜エンジニアから2019年に独立、フリーランスに。 「お金のための仕事」が嫌になりました。 「好きな生き方を選べるように」ネットで稼ぐ方法をお届けします。 釣り・絵画・野球観戦が好き