専業トレーダーは絶対NGな3つ理由

職業「トレーダー」に憧れ、専業トレーダーになる方は少なくありません。

ここでは、専業トレーダーは絶対NGな理由を3つご紹介します。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

収入源が一つになる

専業トレーダーになると収入がFXでの稼ぎだけになってしまうため、負けてしまった月は無収入になってしまいます。投資というのは長いスパンで物事を考えるものですから、一年、十年とみたときにプラスになればいいという考え方です。

日単位や月単位で見れば負けてしまう日も出るわけですが、専業で月の収入がないマイナスになってしまうとなると、生活は安定しなくなってしまいます。

 

もちろん、ある程度の蓄えを用意して負ける月があることを前提に専業トレーダーになるわけですが、それでも悪い月がどれだけ続くかは予想をすることができませんから、収入源が一つになってしまって、成績次第では収入が途絶えてしまうというのは大きなデメリットになります。

FXで借金に陥る4つのパターンとは?

2019年6月5日

 

メンタルが不安定になる

専業トレーダーはFX以外での稼ぎがないわけですから、負けられないという気持ちが強くなります。

兼業トレーダーと違って負けることが許されませんから、余程鉄の精神を持っていない限りはメンタルが不安定になってしまいます。

 

負けているときもそうですが、勝っているときでも常に負けることができないという重圧の中でトレードをし続けていかなければ、ならないのでこれは非常に大きなストレスになります。

どのような仕事をしていてもメンタルが不安定になることはありますが、直接生活がかかってくるプレッシャーというのは、毎月決まった給料を振り込まれる仕事をしている分には決して感じることがないものなので、精神状態を保つには非常に難しいものです。

FXが会社員の副業に向いている3つの理由

2019年6月4日

 

焦りのトレードが増える

理屈としてはメンタルが不安定でも、トレードの内容が変わらなければ問題はありません。

しかし、人間は精神的な影響を受けやすいものであり、精神状態が不安定になれば焦りのトレードも増えてしまいます。

 

じっくり待つべきところを慌てて利食いをしてしまったり、負けられないプレッシャーから損切りが早くなりすぎてしまう、あるいはその逆に損切りをすることができなくなってしまうということになりがちです。

焦りは正常な判断を失わせることになりますから、兼業のときには勝っていたのに、専業になった途端に負けてしまうようになった、勝率が下がったということは珍しくありません。

 

専業トレーダーは気持ちの余裕がどうしても少なくなるため、焦りのトレードが増えるためNGなのです。

主婦でもFXで稼げる!空いた時間にFXで月3万稼ぐ方法

2019年6月3日

 

兼業トレードがベスト

FXだけで生活をしていくことができれば、どれだけ素晴らしいことかと思う人は多いものですが、専業には専業の苦労というものがあります。

今の仕事に不満があればあるほど、FXだけで生活をして行きたいと思うものですが、安定した収入があるのは投資をする上で非常に大きな武器になるものです。

 

FXで負けてしまっても生活が困ることはなく、勝てば本業の収入と合わせてより生活が豊かになるという状況は冷静なトレードをするのに役立ちますから、本業を捨て去ってしまうというのは勿体ありません。

兼業トレードでも悠々自適に生活できるほどに稼ぐことはできますから、仕事をやめるのは稼げるだけ稼いだあとで遅くはないので、兼業トレードがベストということになります。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

社畜エンジニアから2019年に独立、フリーランスに。 「お金のための仕事」が嫌になりました。 「好きな生き方を選べるように」ネットで稼ぐ方法をお届けします。 釣り・絵画・野球観戦が好き