初心者でも理解できる「FXとは?」

FXとは、いったいどのような仕組みなのでしょうか。

FXに関心や興味は持っているのに、何から始めればよいのか全く見当がつかないという方もいることでしょう。

そのような疑 問を解消するため、初心者でも理解できる「FX」の意味や仕組みなどを調べてみましょう。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

FXとは

「FX」とは「Foreign eXchange」の略字で、海外ではFOREX、

日本語の正式名称は「外国為替証拠金取引」といいます。

米ドルやユーロなどの外国通貨(為替)は常に変動しています。

その変動のタイミングを見て外国通貨(為替)を売却し、購入したときと売却したときの差益で儲けることを目的とした投資のことを言います。

 

例を挙げると、1米ドルを80円のときに買って、市場の変動価格を調査したら、1米ドルが90円になっていたとします。

1米ドルが90円ということはその時点で売却すると、10円の差益が生じ、収益を得ることができるという仕組みです。

 

  • 購入時
    1米ドル:80円 => 100米ドル購入(日本円で8,000円)
  • 売却時
    1米ドル:90円 => 100米ドルの場合、日本円で9,000円

 

9,000円-8,000円=1,000円(為替差益といい、儲けとなります)

【超基本】理解しておこう!通貨ペアとは?

2018年8月17日

 

FXを始めるために必要な口座開設

FXを始めるには、口座開設から始めます。

口座開設は簡単に出来ます。

ただちに取引を始めたい人、まずは様子を見たい人も口座開設をすることで、FXの仕組みが次第に見えてきます。

 

最もおすすめするのが海外証券のXM証券会社です。FX大学の講師陣もここの証券口座を利用していますし、スプレットも非常に小さく約定力も問題ありません。

XM証券の公式サイトはこちら

 

そのほかに初めての人におすすめの口座は

  • 低資金で始められるSBIFXトレード
  • 情報量やセミナーなどが豊富なFXプライムbyGMO
  • 取引のしやすさなどバランスの良いGMOクリック証券

です。

 

これらのどれからを使いこなしながら、FXについて学習すると、自分の思い通りの取引ができるようになり、利益も上げやすくなります。

 

FXを始めるにあたって知っておくべき専門用語について

FXを始めるにあたっては、知っておくべき専門用語がありますので、それらの知識を習得し、取引に活かしてください。

 

スプレッド

スプレッドは「広がり」という意味を持っていますが、FXでは「差額」という意味で、買値と売値の差のことをいいます。

 

スワップ

スワップ(swap)とは「交換する」という意味で、取引を行っている通貨間の金利差のことを指して「スワップ金利」とも呼ばれています。

外貨預金と一緒で、外貨を購入することで高い利息を得て稼ぐ方法です。

日本では、1年間、預金しても年利0.1%しか増えませんが、政策金利が2%前後のオーストラリアドルであれば、年利1.5%~2%の利息がつきます。

FXトレードを利用して、日本円をオーストラリアドルに換えて保有すると、オーストラリアドルの預金利息を得ることができます。

 

取引単位

「取引単位」とは、取引を行うときに最低限必要となる売買単位のことをいいます。

現在、各FX会社で扱っているのは1万通貨単位、1千通貨単位、100通貨単位といった取引単位が主流となっています。

1通貨単位(約4円)での取引ができる会社もありますので初めての方や少ない金額での取引も可能です。

 

レバレッジ

FXで使用されるレバレッジとは、少ない資金で、大きな金額の取引をすることができる仕組みをいいます。

レバレッジを利用すると、大きな利益を見込めるようになりますが、その分リスクが大きいため、しっかりとした資金管理をしなければなりません。

現在、金融庁のレバレッジ規制は最大25倍に制限されています。

 

通貨ペア

取引を行うときに選択する通貨の組み合わせをいい、株式に例えると「銘柄」に該当します。

FXトレードでは1つの通貨だけを選ぶのではなく、2つの異なる通貨で取引を行い、「為替差益」や「スワップ金利」で利益を得ていきます。

 

売買手数料

FXの取引にかかる手数料のことをいいます。

ほとんどのFX会社が売買手数料を無料にしていますので、取引コストを少しでも抑えたい方は、スプレッドを売買手数料と考えてFX会社を比較検討することをおすすめします。

 

まとめ

FXとは「外国通貨の価格が安いときに購入して、外国通貨の価格が高いときに売って差額で収益を得ること」です。

特徴としては以下の通りです。

 

  • 外国為替証拠金の最大25倍の取引ができる(レバレッジ)
  • 取引手数料が格安
  • 月曜日の朝から土曜日の朝までいつでも取引可能
  • インターネットで取引が可能
  • スワップ金利の利息が付く

 

FXを初めて行う方は、専門用語の知識と仕組みをしっかりと学習する必要があります。

少額による取引であっても大きなリスク(費用負担)を抱えることになっては、FXによる取引を続けることが難しくなります。

取り組みやすいFXトレード会社で体験しながら学習し、差額による収益を得られるようになったら、少額から始めていくのがよいのかもしれません。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

社畜エンジニアから2019年に独立、フリーランスに。 「お金のための仕事」が嫌になりました。 「好きな生き方を選べるように」ネットで稼ぐ方法をお届けします。 釣り・絵画・野球観戦が好き