外貨預金とFXの3つの違いを解説

外貨預金とFXどちらも、日本円を外貨に変換するという点においては基本的に同義ですが、それらの取引環境や自由度等には差があります。

ここでは、それらの違いをお話ししていきます。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

外貨預金とは?

「外貨預金」というのは、その名の通り「日本円」ではなく「外国の通貨」で預金をする方法のことです。

円預金でも利息がほとんど付かない低金利状態がながく続いていることを受けて、その存在が気になっているという方も多いことでしょう。

 

あるいは、日本に比べて高い利息をもらえることが見込める「外貨預金」にすでに大切な資産を預けているという方も多いかもしれません。

そのような利息の違いにより、ただ預けるだけで資産を増やせるかもしれない点が「外貨預金」の最大のメリットです。

 

一方で、そのような外貨での取引に興味があるという方の中には「FX」の存在が気のなっている方も多いのではないでしょうか。そのような方は「外貨預金」と「FX」の違いをご存知ですか。

FX初心者におすすめのスキル上達する練習法

2018年12月12日

 

取引手数料が違う

そんな「外国の通貨」を取り扱う点が共通している「外貨預金」と「FX」ではありますが、その両者の間にはいくつかの大きな違いがあります。

その違いの代表のひとつが、「手数料」にあります。この手数料というのは、日本円を外国の通貨に交換した場合やまた逆にあたる外国の通貨を日本円に交換する場合に必要になる「為替手数料」と呼ばれるものです。

 

この手数料が必要となるのは「外貨預金」、「FX」とも共通ですが、その額は「外貨預金」で「FX」の約数百倍ほどに設定されていることがほとんどな点には注意が必要です。

そのため、手数料による損失が非常に大きくかかるためその取引にあたってはその額を把握したうえで慎重に行うことが必要と言えます。

【超基本】理解しておこう!通貨ペアとは?

2018年8月17日

 

金利が違う

さらに、「金利」に目を向けてもその事情は両社で大きく異なります。

なお、「FX」では「外貨預金」の金利に相当するものを「スワップポイント」と呼ぶのですが、この「スワップポイント」と外貨預金の「金利」を比較すると、前者の「FX」の金利にあたる「スワップポイント」の方が大きい値になっているのが一般的です。

 

大手銀行の金利と各企業のFXでその値を比較してみると、「FX」の方がその値が10倍も大きな数字になっているのが通常です。この値の違いは、調査日を長い幅に広げてみてもまずこの関係が崩れることはありません。

このように手数料に加えて金利という面から見ても、利益のあげやすさという観点では「FX」に軍配が上がっていると言えるでしょう。

【厳選5選】初心者におすすめな国内証券口座

2018年9月1日

 

 

レバレッジが違う

「レバレッジ」を使うことができるのは「FX」だけというのも両者の大きな違いです。なお、この「レバレッジ」というのは自分で用意することができる自己資金より大きな額の取引を行えるシステムのことです。

ただし、この方法は自己資金以上のポジションを持つことになるので適切に資金管理を行うことが取引において欠かせません。その点をしっかりと理解したうえでその利用を検討することをおすすめします。

 

特に初心者の人でその運用に不安があるという方は、低レバレッジ運用から開始してみるのもひとつの手法と言えるでしょう。

また、スワップポイントを狙いたいという場合はレバレッジを2倍未満においた取引のみを行うと安全性が高くなりおすすめです。

【保存版】テクニカル分析とファンダメンタル分析の違い

2018年12月19日

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

社畜エンジニアから2019年に独立、フリーランスに。 「お金のための仕事」が嫌になりました。 「好きな生き方を選べるように」ネットで稼ぐ方法をお届けします。 釣り・絵画・野球観戦が好き