FXトレードの2大判断材料とは?

FXトレード手法には、大きく分けて2種類あります。

ここでは、その2種類についてお話ししていきます。

どちらにもメリットとデメリットがありますので、それを理解した上で、ご自身の取引スタイルに合った方を選択しましょう。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、経済的な情報を詳細に分析することを指します。各国には、経済的な成長を表す指標であるGDPや各国の経済情報をデータとして確認できる経済指標が存在します。

為替市場は、こういった各国の様々な経済的な動向によって大きく変動する傾向があります。こういった将来的な相場の変動を予測するための手段として、経済的な情報を利用することをファンダメンタルズ分析といいます。

 

具体的には、大国の金融政策や雇用状況などは非常に大切です。世界の経済を引っ張る大国の経済状況が悪くなれば、それと連動する形で相場も大きく変動します。

これは、日本の円市場であっても同じであるため経済的な観点からの分析は非常に重要です。

FX投資の具体的な注文方法のまとめ

2018年12月12日

 

テクニカル分析

テクニカル分析とは、経済情報を排除して単なるデータ化されたチャートのみを参考に為替相場の変動を分析する手段のことを指します。

特に、FXでは詳細なチャートを分析する指標がいくつも提供されていますので、それらの指標を利用することによって将来的な変動を予測できるようになります。

 

テクニカル分析では、短期的な変動を予測するのか、長期的な変動を予測するのかで大きな違いが存在します。例えば、短期的な変動では直近の挙動を分析していかなくてはいけませんし、長期的な分析であれば長い期間で相場の平均的な値を分析することが大切になります。

手法は1つではなく、取引スタイルによっては数百という組み合わせが存在するため、その中で最適な手法を選択することが大切です。

FXシグナル配信とは?徹底解説

2018年12月14日

 

その他の分析法

テクニカル分析のような規則的な分析手法は、他にも存在します。例えば、相場の値動きそのものを参考にしない取引方法です。

具体的には、通貨ペアなどの値動きのパターンを参考にするパターン分析などと呼ばれる方法が存在します。値動きは、過去から現在にかけて一定の動きをするパターンが存在するため、時間帯などを考慮してそのパターンのみを利用する手法が効果的です。

 

同様に、その場の売買の状況だけを確認して取引を行う手法も存在します。相場の値動きは、予測不可能な変動をすることもありますが一定期間の中で何故か同じような動きを短期的に行うこともあります。

こういった、短期的な動きを把握してリアルタイムの取引に活かす方法も存在します。

FX初心者におすすめのスキル上達する練習法

2018年12月12日

 

まとめ

FXの分析手法は、実際に取引をする人のスタイルや好みで別れることが大半です。例えば、ファンダメンタルズというのは、定期的な経済的な情報を参考に分析を行うことになりますので、短期的な取引にはあまり向いていない傾向があります。

GDPなどは毎日更新されているわけではありませんので、更新される日までの値動きなども他の経済情報を参考に予測しなくてはいけません。

 

つまり、長期での取引では向いているといえます。一方で、テクニカル分析は長期でも短期でも機械的な分析を行うことが可能です。

自分の取引スタイルに合わせて分析手法を変えることができますので、自分だけの分析手段を作って取引をしたいと考えている人には向いています。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

社畜エンジニアから2019年に独立、フリーランスに。 「お金のための仕事」が嫌になりました。 「好きな生き方を選べるように」ネットで稼ぐ方法をお届けします。 釣り・絵画・野球観戦が好き