FXの資金管理について3つの重要なコト

この記事ではFXの資金管理について3つの重要なコトを解説してきます。

FXで利益を上げた方や、これからFXを続けていこうと思っている方は必見の記事となっています。

それでは早速いってみましょう。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

 

 損切りがいかに重要か知る

FXの資金管理には損切りがいかに重要かを知ることがとても大切です。利益確定は誰にでも出来るのですが、損切りは出来る人とできない人が居ます。

まず出来ない人は出来るようにならなくてはいけません。トレーダー上での負け組と勝ち組は損切りが出来るか出来ないかによって変わってくるからです。

 

頭の中では損切りが出来ると考えている人でも、いざポジションが損失し始めるともう少し伸ばしてもいいかという思考になりばっさり損切りすることが出来ない人が多いです。

利益を少しでも得ようと考えるのはいいですが、切れなかったことにより余計に損失する可能性もきちんと考慮するべきです。無理だと感じた時、これ以上は危ないと感じた時はすぐに辞めることが重要です。

FXで大損失を出す人の2つの特徴を解説

2019年7月16日

 

 

 

資金の損失許容範囲を知る

自分の資金の損失許容尾範囲を知ることが重要です。まず手元にある資金からどのぐらいまで減ってもいいかをFXを始める前に決めておくと良いです。

決めた後は決めた額以上が減らないように守ることを意識して行いましょう。特にFXを始めた頃は負けることも多いです。

 

冷静な人ならば一度頭を休ませて辞めるという考えもありますが、冷静になれない人は利益を得るまで続けるという思考になってしまいます。

その時に手元の資金をかなり使ってしまいほとんどなくなってしまったという人も少なくないです。そうならないためにも最低限の資金は手元に残しつつFXを行うことが大切です。

 

資金管理をしっかり出来なければ今後継続して続けていくのも難しいです。

投資相場で使える3つの行動心理学

2019年8月6日

 

 

 

損切りや利確ラインを知る

 

損切りや利確ラインを知ることが資金管理をする上で大切です。例えを挙げるならば勝率(利益)が80%だとすると100回行ったうちの20回は損をすることになります。

数値通りならば80%は勝てる試合と考えていても、実際にはこれ通りにはうまくいきません。

 

どのタイミングで20回がくるかが分からないからです。そのためどの時に損切りをするか、利食いを甘く見るかが大切です。あらかじめに損切りと利確ラインを自分の中で決めておくのも重要です。

例えば、利益を20pips求めていて損切りが300pipsと離れている場合は一度見直す必要があります。

 

利益を取り戻すのが大変だからです。自分の精神的、経済的にも良い損切りや利確ラインを始める前に知っておきましょう。

初心者でも分かる!FXの危険要素を回避する4つの方法

2019年7月20日

 

まとめ

まとめをすると、FXの資金管理には3つの大切なことがあり1つ目は損切りが非常に重要なことです。

どのタイミングで損切りをするかは難しいですが、ずっと切れないままだとかなり大損をする可能性が高いです。いざという時はばっさり切れるようになりましょう。

 

2つ目は資金の損失許容範囲を決めておくことです。あらかじめ資金はこれだけ使う、これ以上は絶対に使ってはいけないと決めておくことで無茶な資金投資をしなくなります。

最低限自分の手元に残しておく資金は決めておきましょう。

 

3つ目は損切りや利確ラインを知ることです。この2つはFXを行う上で関連性が非常に高くセットと考えても良いです。

事前に自分の中で損切りと利確ラインを決めておくことで損をすることが減ります。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

社畜エンジニアから2019年に独立、フリーランスに。 「お金のための仕事」が嫌になりました。 「好きな生き方を選べるように」ネットで稼ぐ方法をお届けします。 釣り・絵画・野球観戦が好き