スワップポイントについて

FXトレードの複利運用に関するデメリットは次の通りです。

1)通貨によって異なりますが、利益額が小さいこと

国内のFX業者のスワップポイントを調べてみると

 

・米ドル/円 20円~80円

・トルコリラ/円 30円~120円

・南アフリカランド/円 100円~150円

のように通貨によって異なりますが、利益額が小さいというデメリットがあります。

 

例えば、上記の例でいうと米ドル/円で1日あたりのスワップポイントを20円とした場合は、1年間運用すると

20円×365日=7,300円

となります。

 

スワップポイントを80円としているFX業者であれば、1年間運用すると

80円×365日=29.200円

ほどになります。

 

FX業者によってスワップポイントが異なるので、ポイントの高い業者を選ぶとよいのかというとそうではなく、スワップポイントの高いFX業者で1年間運用した後に米ドルを売却するときには一定の手数料がかかるので実際には計算値よりも低くなります。

 

2)FX業者が示すスワップポイントよって獲得できる額よりも大きい額を手に入れるには多額の資金が必要となること

こちらも事例を用います。

 

月間で15,000円稼ぐとすると、15,000円÷30日=500円/1日になります。

スワップポイントは10,000通貨に対して10円とすれば、単純に50倍にしなければなりません。

 

10,000通貨×50=500,000通貨

 

そう考えると1か月で15,000円稼ごうとしたら1日当たり50万通貨分購入しなければならないということです。

 

経済的に余裕がなければ、難しいことがわかります。

FX複利運用のメリットとデメリットを紹介しました。

 

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

FX投資で月20万を確実に稼ぎ、3ヶ月以内で月収100万を目指したいとお考えの方は下記よりFX大学の詳細をご覧ください。

FX大学の詳細はこちらへ ▶︎

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

社畜エンジニアから2019年に独立、フリーランスに。 「お金のための仕事」が嫌になりました。 「好きな生き方を選べるように」ネットで稼ぐ方法をお届けします。 釣り・絵画・野球観戦が好き