コロナ不況でもやってくる毎年の支払い! 固定資産税、そして自動車税…日本経済は今後どうなるのか。

みなさんこんにちは!!

政府は、全国に出している緊急事態宣言について、「特定警戒都道府県」以外の34県で、一括して解除されそうですね。

コロナ患者の生命だけにではなく。
長期人々に慕われた名店も、老舗などの有名店無念の廃業に追い込まれている。

有名店などは立地もよく、家賃等の維持費が高いとの事。
3月からの約3ヵ月は収入が無い状態で、先が見えないとなると、このままダラダラ営業するのでは回収出来ないとの英断でしょう。

もう、ちらほら実際にお店をたたんだ所も多いみたいですね。

固定資産税と自動車税。この時期、必ずやってきます。今年に限り、減税か免税など対策はないのでしょうか?

 

「今は払えない」という現状を国や行政に理解してもらわないと「収入」が無くて「支出」が止められないから現金が無くなっています。支払いを止めた分はいずれ払うから今は、家賃、税金、保険料、光熱費の支払いを一時停止してくれ。営業すれば自粛警察がやって来る。営業しないと「入り」が無い。こんなんでやっていける分けない。

アメリカなどの何千万人の把握することのできない失業者で溢れ返る事を防いでほしい。

もし2年コロナ騒ぎが続くなど、考えれば現在売上のない会社はみんな潰れてしまうでしょう。
商売最悪を想定して経営をするのであれば、閉めるのが正解だと考える経営者が増るのではないでしょ?

普通の会社勤めで大丈夫だと安心していても、いつそういう事態に襲われるか安心出来ません。

副収入を得るなどの対策をしておいた方が良いでしょう。

今大注目のFXオンライン大学

少資本から大きな資産を築くことができるFX投資は初心者であっても継続的に利益を出していくことが可能です。実際にFX大学に参加されるメンバーさんの9割が初心者・未経験者となっています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

社畜エンジニアから2019年に独立、フリーランスに。 「お金のための仕事」が嫌になりました。 「好きな生き方を選べるように」ネットで稼ぐ方法をお届けします。 釣り・絵画・野球観戦が好き